忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

利権まみれのサッカー放映

「春と修羅☆」から転載。
「アシフト」とは、足が太いのか、足でフットボールをするのか分からないが、まあ、そんな突っ込みはどうでもいい。誤字脱字は私もよくやることだ。
一目で分かるのは、各大会ごとの放映権料の跳ね上がり方だ。1998年の6億円が、4大会後には400億円である。電通にかなりのキックバックがあっただろうこともだいたい想像できる。
実は私はサッカー嫌いの野球好きで、テレビ番組の半分は野球中継(アマチュア野球も含めてだ)にしてほしいと思っているくらいだ。見て、これほど面白いスポーツは他には無い。サッカー(世界的にはフットボールと呼ぶ。)は、逆に、これほど見ていて面白くないスポーツも珍しい。まあ、沢山見て、見巧者にならないと面白みのまったく分からないスポーツだろう。
世界的にサッカーが人気があるのは、ボール一つあればどこでも誰でも(一人でも)できるというメリットがあって、子供の頃から慣れ親しんだ人が多いスポーツだからだろう。逆に言えば、他のスポーツをほとんど知らないからではないか。西洋と、中南米(つまり西洋の植民地だったところ)がやたらとサッカーが強い、というのも私には気に入らない。まあ、肉食系の狩猟民族的スポーツで、「襲って奪う」のが本質のスポーツだ。もともと平和的気質の日本人がサッカーが下手なのも当然である。


(以下引用)



敗戦をアシフトするのは☆感動を演出する黒い利権

テーマ:
サッカー敗退・・・・・・・
燃え尽き終えた早すぎた夏・・・・・・4年間の想い次へと繋げることも今は辛いでしょう。

試合の様子選手のコメントなどはこちらで★

これほどメディアが煽った大会はないでしょう。

そもそも世界ランキング46位で出場チームの中ではかなり下です。
FIFA 世界ランキング ☆

韓国、オーストラリアはその下ですが。
順位で勝利は決まりませんが力の差は歴然です。
コロンビアは9位ですから。ベスト4などまだ遠い道のりです。

跳ね上がる金額、使途不明金、スカパーの撤退。W杯放映権料ビジネスの闇に迫る
もう金目でしょの世界です。
¥

FIFAとその周辺企業は、完全なる伏魔殿と化していると。
詳細はリンク先でどうぞ。




しかも電通が窓口
、もう横暴は以前から
2006年の記事です。

日本のW杯敗退を“アシスト”した、電通とマスコミの商業主義

日本代表のジーコ監督は、ワールドカップ1次リーグ敗退が決定的となった
クロアチア戦(18日)直後の共同インタビューで、2試合連続の酷暑を強調
、「テレビ局がそれを望んでいる以上、仕方がない」と熱く語った。だが、
この部分を新聞は報じず、書いたのは夕刊紙(日刊ゲンダイ)くらいのものだった。



2004/04/02,日本経済新聞朝刊より

今回も日曜日の10時という時間帯に押し込みました。
選手たちやサポーターが帰る時間は深夜です。

視聴率は高かったようで目論見は成功でしょう。




テレビ放映権は8年間で27倍 電通はW杯に寄生してるようです。

電通だけはいつでも高笑いです。

オリンピックおりしもオリンピックの放映権も決まりました。

ピョンチャンオリンピックと東京オリンピックで合わせて660億円、
2022年と2024年の2つの大会で合わせて440億円、
4大会総額で1100億円だそうです。

詳細はこちらで★

もちろん電通がかかわってます。
「招致、運営、ライセンス料、放映権…」オリンピック開催で電通が何重にも儲ける仕組み

NHK職員は、天下りなどで「電通」に支配されています。
NHKと「電通」との深い関係が指摘されている代表的な会社が、
株式会社総合ビジョンで株主には、株式会社NHKエンタープライズ・株式会社電通とあります。

主要取引先は、日本放送協会(NHK)・株式会社電通で、
役員にもNHK エンタープライズと電通が名を連ねています
とあります・・・・・

スポーツの感動は電通が演出です。

ペタしてね

拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear