忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

記事の公開が無くてもご心配なく

買ってまだ2年もしないDellのパソコンだが、安物だけあって、もう寿命のようだ。あちこちに異常が出て、ロクに記事が書けないので、たまたま書けた時だけ公開することにする。逆に、機械の調子がいい時には連投するかもしれないが、まあ、それも含めて通常営業みたいなものか。消費税アップ前に新しいのを買っておけば良かったwww




拍手

PR

更新頻度に関するお知らせ

パソコンの不調(主にコピー機能不調とネット接続不調)のため、当分の間、更新の頻度が減るかと思います。
長期にわたって記事更新が無くても(たぶん)べつに死んだわけでも大病になったわけでもありません。事情は「酔生夢人のブログ」も同様です。

拍手

ネットへの接続障害のこと

ここ二日ほど、ネットへの接続ができなかったのでブログも中断していた。
なぜ接続できなかったのか理由は不明。再び接続できるようになった理由も不明である。
とりあえず、お知らせまで。まだ死んではいませんし事故でも病気でもありませんwww
当然、「酔生夢人」ブログも中断してました。

拍手

戦場に出ない奴ほど好戦的になる

しばらく帰沖して、だいぶ前に帰っていたのだが、帰ると同時にインフルらしきものにかかって、ずっと部屋で静養している。
という事情ですので、ネットもあまり見ておらず、世間の事件も知りません。そのうち、ブログは再開する予定。

下の田中角栄の言葉は、非常に重いと思う。





さんがリツイート

通販生活の表紙が今回もググッと来ます。故田中角栄元総理の言葉。
「戦争を知っている世代が政治の中枢にいるうちは心配ない。平和について議論する必要もない。だが、戦争を知らない世代が政治の中枢となったときはとても危ない」


拍手

或る日突然

コピーが可能になったので、報告がてら、書いておく。



「昨日まで当然のようにあった物が一晩で消えてしまうという不条理はあることなのだな。目に見えない類の物でもそういうことはあるのかもしれない。権利とか空気とか。」





(以下引用)



             さんがリツイート
5月25日

しかしカールのように昨日まで当然のようにあった物が一晩で売場からもネット販売からも消えてしまうという不条理はあることなのだな。商品でなくて目に見えない類の物でもそういうことはあるのかもしれない。権利とか空気とか。


3件の返信 499件のリツイート 414 いいね

拍手

ネット統制進行中

面白い記事を見つけて、それをネタに自分のブログ記事を書こうと思ってコピーしようとした瞬間、「internet explorerは動作を停止しました。この原因を何とかかんとか」と出て、コピー不能になる、という事態が5,6回も続いて、音を上げた。まあ、「ネット統制」に引っかかっていることは確実なようだ。
他人の記事のコピーをネタにして記事を書く、という「株式日記と経済展望」式の、他人の褌で相撲を取る方式が使えないのはなかなか痛い。
この事態がいつまで続くのか、あるいはさらにエスカレートするのか分からないが、私は他人の記事に触発されて物事を考える習慣なので、しばらくは政治ネタや時事ネタは途絶えるかもしれないし、個人的な趣味の随筆的な記事なら「酔生夢人ブログ」で書くことが多いので、こちらの記事そのものが途絶えがちになるかと思う。
以上、報告である。「共謀罪」だけでなく、国民統制はどんどん進行している。小さなブログから先に、ターゲットにされている気がする。



(徽宗追記)ブログによって目をつけられているというより、現在の政局に関わるような記事がコピーできなくなっているようだ。このブログと無関係に、M次官関連の記事をコピーしようとしたら、やはり同じ現象が起こった。


拍手

小休止です

森友事件関係のネット記事をコピーしようとしてもできないし、その関係のネット記事を開こうとするとパソコンがフリーズしたりして面倒なので記事を書く気を失った。まあ、そういう規制がかけられているのだろう。

拍手

パソコン不調

前回の記事の前説が無かったのは、このパソコンの漢字変換が単漢字変換以外できなくなるというアクシデントのためです。一度シャットダウンしてから再起動したら、前のように普通に使えるようになっていましたが、またいつおかしくなるか。

という事ですので、ボロパソコンで記事を書くのもなかなか面倒だ。安物買いの銭失いの実例です。買ってからまだ1年も経っていないのだが、このパソコンにはうんざりした。

拍手

生存報告

今日、長期の旅行から無事帰ってきたので、とりあえず、生存報告のみしておきます。

拍手

風のように雲のように

朝からずっとパソコンがネットに接続できなかったので、記事が書けなかった。なぜか突然回復したので、やっと新年の挨拶ができる。

明けましておめでとうございます。

まあ、こんな気儘な、思いつき書き流しブログでも読んでくださる方がいるのは嬉しい。今年もよろしく。

新年の挨拶は先に書いたが、新年の抱負というか、今年のモットーとして、宮沢賢治の言葉を書いておく。有名な言葉だが、これが「農民芸術論」の一節であることを先ほど知ったばかりだ。


「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」


ついでに、これも彼の言葉


「世界に対する大なる希願をまづ起こせ。強く正しく生活せよ。苦難を避けず直進せよ」

「なべての悩みをたきぎと燃やし なべての心を心とせよ
風とゆききし 雲からエネルギーをとれ」


そうだ。風とゆききし、雲からエネルギーを取るならば、くじけることなどないだろう。なべての悩みをたきぎと燃やすなら、悩みもまた幸福の原動力である。なべての心を心とするなら、争いも無くなり、すべての問題は平和のうちに解決していくはずだ。
まあ、こんなのは一種の宗教だ、と言う人もいるだろうが、それでいいではないか。ニヒリズムが楽観主義より賢いということは無いだろう。今年も、これからも、雨の日も風の日も明るい顔で生きていきたいものである。



拍手

Clear