忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

消費税増税の論拠は消滅した

「崖っぷち社長のブログ」から転載。
説明はほとんど不要だろう。
消費税増税の根拠である財政危機が財務官僚自身の口から否定されたのである。今後、消費税増税論者は、多少の羞恥心があれば一言も発言できなくなるはずだ。まあ、奴らは厚顔無恥(あるいは無知でもあるか)な連中だから、平気でまだ言うとは思うが、それを国民まで信じたらB層そのものだよ。


(以下引用)



財政は問題ないと財務官僚が(笑)


まあ、素直なヤツもいるってことだな。



http://gendai.net/articles/view/syakai/128986

------

「財政危機」煽る財務省の大ウソが暴露された

 20日のNHKの日曜討論を見た国民は耳を疑ったのではないか。国民新党の亀井亜紀子参院議員(45)が、財政危機を煽る財務官僚の大ウソを暴露したのだ。
 国民新党はデフレ経済脱却のために建設国債や無利子非課税国債の発行など積極的な財政出動を提唱している。亀井議員が明かしたのは、この無利子非課税国債をめぐる財務省側とのやりとりだ。番組での発言の中身はざっとこんな感じだった。
〈財務省と(無利子非課税国債発行について)やりあったら、財務省は「そんなものを出したら日本の財政は大変だと海外に思われる。いま国債は安定的に償還されてるので必要ない」と言われた。「え? 日本は財政危機じゃないんですか」と聞いたら「大丈夫です」と。(財務省は)国民に言ってることと与党に言ってることが違うんです〉
 ビックリではないか。亀井議員の発言通りなら、財務省やスッカラ菅首相が騒いでいる「財政危機だから消費税増税だ」という理屈はやはりデタラメだったということだ。
「国民新党の考え方は、内需拡大のために市場にカネが回る仕組みが必要というもので、別に無利子非課税国債の発行にこだわっているのではありません。この方法がダメなら、財務省も代案を出してほしいと何度もやりとりしているのですが、財務省側はいつもノラリクラリごまかしてきたのです」(事情通)
 改めて亀井議員に発言の真意を聞いてみた。
「財務省は最初から消費税ありきなのです。無利子非課税国債を発行して困る人はいません。にもかかわらず、提案しても話が進まない。それで党に財務官僚を呼び、日本の財政状況について平時なのか非常時なのか聞いたら『平時です』と答えたのです。そもそも財務省は、海外に対しては『日本は対外金融資産が豊富で、国債の9割以上は国内で保有しているから財政危機ではない』と説明しているのに、国民に対しては『900兆円もの借金で大変だ』と言う。海外と国民に対する説明が違うのです」
 相手によって主張を百八十度変える二枚舌財務官僚。次はぜひ国会で追及してほしい。

------

    アッハッハッハッハッハッ


まあ、こいつらはわかってるはずだよな、日本のゼニを担ってる連中なんだから。

言いたくねえけど、国民は完全にバカにされてるよね。
で、本気で財政問題だ、増税だと心配してるヤツらがかなりいるわけだが、アホじゃね? ってことだ。

そんなことより、こういうまともなニュース報道するの、日刊ゲンダイしかなくなっちまったのかね?(笑)
巨額脱税朝日さんたち、大新聞社グループはなにやってんだろね。
多少なりともマシなのは中日系だけか?
まあ、あそこも地元名古屋じゃいろいろあるみたいだけどな。

NHKも、自分の敷地の脇でやってたデモや、逮捕者まで出た赤坂のデモなんかまるで無視で、中東とパンダの話ばかり。
ほんと、ここまで来るとありえんわな。

いままでのジョーシキ、一度全部捨ててみたらどうかと思うぜ。
とくに、財政破綻論者とかハイパーインフレ論者のみなさま。


拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Clear