忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

墜落、着水、不時着

着「水」ではないし、着陸でもないwww 妙な場所に落ちたものである。あ、「落ちた」と言ってはいけないのかwww
日本配備のオスプレイは全部飛行禁止でいいんじゃない? 日本政府がそれをやったら、少しは安倍政権を見直すwww



【画像】 沖縄沖に「着水」したオスプレイをご覧ください
1: リバースパワースラム(茸)@\(^o^)/ [ニダ]:2016/12/14(水) 03:33:38.12 ID:bBY3JOgM0.net
オスプレイ、沖縄近海に不時着 機体は大破…2人負傷か

2016年12月13日 23:48
 

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/75593



リーフ上に見える、不時着したとみられる大破したオスプレイ=14日午前0時30分ごろ、
沖縄県名護市安部の沖合(伊集竜太郎撮影)

(徽宗追記)まさに「植民地(宗主国)意識まるだし」のコメントである。



オスプレイ「機体システムに問題ない」=県民不安には謝罪・在沖米軍トップ


オスプレイ「機体システムに問題ない」=県民不安には謝罪・在沖米軍トップ

写真拡大



 在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官は14日午後、キャンプ瑞慶覧(沖縄県北中城村など)で記者会見し、沖縄本島沖で新型輸送機オスプレイが不時着事故を起こしたことについて、「機体のシステムによる問題ではない」と主張し、オスプレイは価値のある機体だと強調した。

 ニコルソン氏は事故の状況について説明。空中給油を行った際に、事故機のプロペラが給油機のホースを切断。ブレードの損傷で不安定な飛行となったため、パイロットが米軍キャンプ・シュワブ(名護市など)沖への着陸を決めたとしている。

 市街地の飛行を避け、海岸での着陸を選んだパイロットに対し、「称賛を送りたい。沖縄の人たちを守るため、浅瀬に着陸しようとしたのは良い判断だった」とたたえた。

 今回の事故が沖縄県民に不安を与えたことについては、「謝罪する。今回の件を受け、オスプレイへの信頼を失うと思うと、申し訳ない気持ちになる」と述べた。

 記者会見に先立ち、ニコルソン氏は沖縄県の安慶田光男副知事の抗議を受けた。安慶田氏によると、ニコルソン氏は「県民や住宅に被害を与えなかったので、感謝されるべきだ。(パイロットは)表彰ものだ」などと述べ、抗議に不快感を示したという。

 安慶田氏は会談後、記者団に対し「植民地意識丸出しという感じがした。抗議文を読んでいる時も外を見たりして、人間性を疑った」と痛烈に批判した。

 ニコルソン氏の対応について、翁長雄志知事は「これまでも(同氏は)高圧的な発言が多かった。米軍の考え方と県民感情は大きな違いがある」と記者団に語った。 

拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear