忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

大東亜戦争開戦の詔勅

一日遅れだが、「ギャラリー酔いどれ」に面白い歴史的資料が載っていたので転載する。


米英両国は、……、東亜(とうあ)の禍乱(からん)を助長(じょちょう)し、
平和の美名(びめい)に匿(かく)れて、東洋制覇(とうようせいは)の非望(ひぼう)を
逞(たくまし)うせんとす。


というのは、今でも同じことではないか。「東亜の禍乱を助長し」利を得ようとしているのだから。それに自ら協力するインチキ右翼が安倍総理。そもそも、日本人をあれほど殺しまくった米国に、なぜ右翼が尻尾を振るのだよ。我々の父や母の世代を大量に殺して有りがとうございましたってか。



(以下引用)


◆http://www.geocities.jp/taizoota/Essay/gyokuon/kaisenn.htm
大東亜戦争 開戦の詔勅  (米英両国ニ対スル宣戦ノ詔書


<読み下し文>

天佑(てんゆう)を保有(ほゆう)し、万世一系(ばんせいいっけい)の皇祚(こうそ)を
践(ふ)める大日本帝国天皇は、昭(あきらか)に
忠誠(ちゅうせい)勇武(ぶゆう)なる汝(なんじ)、有衆(ゆうしゅう)に示(しめ)す。

朕(ちん)、茲(ここ)に米国及(およ)び英国に対して戦(たたかい)を宣(せん)す。

朕(ちん)が陸海将兵(りくかいしょうへい)は、全力を奮(ふる)って交戦に従事し、
朕(ちん)が百僚有司(ひゃくりょうゆうし)は、励精(れいせい)職務を奉行(ほうこう)し、
朕(ちん)が衆庶(しゅうしょ)は、各々(おのおの)其(そ)の本分を尽(つく)し、
億兆(おくちょう)一心(いっしん)にして国家の総力を挙げて、
征戦(せいせん)の目的を達成するに遺算(いさん)なからんことを期(き)せよ。

抑々(そもそも)、東亜(とうあ)の安定を確保(かくほ)し、
以って世界の平和に寄与(きよ)するは、丕顕(ひけん)なる皇祖考(こうそこう)、
丕承(ひしょう)なる皇考(こうこう)の作述(さくじゅつ)せる遠猷(えんゆう)にして、
朕(ちん)が拳々(きょきょ)措(お)かざる所(ところ)。

而(しか)して列国との交誼(こうぎ)を篤(あつ)くし、
万邦共栄(ばんぽうきょうえい)の楽(たのしみ)を偕(とも)にするは、
之亦(これまた)、帝国が、常に国交の要義(ようぎ)と為(な)す所(ところ)なり。
今や、不幸にして米英両国と釁端(きんたん)を開くに至(いた)る。
洵(まこと)に已(や)むを得(え)ざるものあり。
豈(あに)、朕(ちん)が志(こころざし)ならんや。

中華民国政府、曩(さき)に帝国の真意を解(かい)せず、濫(みだり)に事を構えて
東亜(とうあ)の平和を攪乱(こうらん)し、遂(つい)に帝国をして
干戈(かんか)を執(と)るに至(いた)らしめ、茲(ここ)に四年有余を経たり。

幸(さいわい)に、国民政府、更新するあり。
帝国は之(これ)と善隣(ぜんりん)の誼(よしみ)を結び、
相(あい)提携(ていけい)するに至(いた)れるも、
重慶(じゅうけい)に残存(ざんぞん)する政権は、米英の庇蔭(ひいん)を恃(たの)みて、
兄弟(けいてい)尚(なお)未(いま)だ牆(かき)に相鬩(あいせめ)ぐを悛(あらた)めず。

米英両国は、残存政権を支援して、東亜(とうあ)の禍乱(からん)を助長(じょちょう)し、
平和の美名(びめい)に匿(かく)れて、東洋制覇(とうようせいは)の非望(ひぼう)を
逞(たくまし)うせんとす。

剰(あまつさ)え与国(よこく)を誘(さそ)い、帝国の周辺に於(おい)て、
武備(ぶび)を増強して我に挑戦し、
更に帝国の平和的通商に有(あ)らゆる妨害(ぼうがい)を与へ、
遂に経済断交を敢(あえ)てし、帝国の生存(せいぞん)に重大なる脅威(きょうい)を加う。

朕(ちん)は、政府をして事態(じたい)を平和の裡(うち)に回復せしめんとし、
隠忍(いんにん)久しきに弥(わた)りたるも、彼は毫(ごう)も交譲(こうじょう)の精神なく、
徒(いたづら)に時局の解決を遷延(せんえん)せしめて、此(こ)の間、
却(かえ)って益々(ますます)経済上、軍事上の脅威(きょうい)を増大し、
以って我を屈従(くつじゅう)せしめんとす。

斯(かく)の如くにして、推移(すいい)せんか。
東亜安定(とうああんてい)に関する帝国積年(せきねん)の努力は、
悉(ことごと)く水泡(すいほう)に帰し、帝国の存立(そんりつ)、
亦(また)正に危殆(きたい)に瀕(ひん)せり。

事既(ことすで)に此(ここ)に至る帝国は、今や自存自衛(じそんぼうえい)の為、
蹶然(けつぜん)起(た)って、
一切の障礙(しょうがい)を破砕(はさい)するの外(ほか)なきなり。

皇祖皇宗(こうそそうそう)の神霊(しんれい)、上(かみ)に在(あ)り、
朕(ちん)は、汝(なんじ)、有衆(ゆうしゅう)の
忠誠勇武(ちゅうせいぶゆう)に信倚(しんい)し、祖宗(そそう)の遺業を恢弘(かいこう)し、
速(すみやか)に禍根(かこん)を芟除(せんじょ)して、
東亜(とうあ)永遠の平和を確立し、以って帝国の光栄を保全(ほぜん)せんことを期(き)す。

 

御名御璽

昭和十六年十二月八日

拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear