忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

河川敷内の住宅

売った方も買った方も、洪水の危険性は了解済みで、合意の上で購入したのだろうか。
まあ、それなら「自己責任」だが、購入者を言いくるめて騙して買わせたのなら「殺人
(未遂)罪」に相当する凶悪犯罪だろう。つまり、相手が死ぬかもしれないし死なないかもしれないが、死ぬ可能性があることを知りながら売りつけたということだ。
もちろん、最初にそこに料亭を建てた人は覚悟の上であり、まさに自己責任だ。だが、それを見て、そこに住宅を建てた建設会社は犯罪的である。カネのためなら人殺しもするという思想である。それを許可した役所も犯罪の加担者だ。







  1. さんがリツイート

    あの地区は元々川の景色を売り物にする料亭があって洪水になれば流されるのは了解事項だったそうだ。

    何でそれが住宅に転用されてしまったんだか?どうして許可が下りたのか?


  2. さんがリツイート

    本当に闇の世界としか言えないよなぁ。何で河川敷に住宅がたっているの?














拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear