忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

法の命ずるところに従い……

「世界一くだらない法律集」(続き) *法律文のみ引用部分。注釈と解説は徽宗皇帝による。

・酔っ払っていればカンガルーとのセックスが認められる。(オーストラリア)
・知的でない学生は大学に入学できない。(中国)
・知らない相手とキスしてはならない。(サウジアラビア)
・雪男を殺してはならない(カナダ・州法)
・公道でいちゃついた男女は30日間の拘置刑に処せられる。(米・都市条例)
・市内で核爆弾を爆発させると500ドルの罰金。(米・都市条例)
・秘書は部屋の中で上司と二人きりになってはならない。(米・都市条例)
・醜いと分類された人間はいかなる通りも歩いてはならない。(米・都市条例) *参考までに、これはサンフランシスコの法律。旅行予定の男性・女性は気をつけること。
・主婦が一日に割ってよい皿の数は3枚までで、ふちを欠くのはカップを皿を合わせて4つまでしか認められない。(米・州法)
*これはフロリダ州の法律。私の妻は即座に逮捕されるだろう。
・人間が犬の喧嘩に参加してはならない。(米・州法)
・片腕のピアノ奏者は無料で演奏しなければならない。(米・州法)
・夫は日曜日には妻をにらみつけてはならない。(米・都市条例)
・教会でおならをすると終身刑。(米・都市条例)
・子供が礼拝の最中にげっぷを我慢できなかった場合は親が逮捕される。(米・州法)

◎ このほかにもいろいろあるが、宗教がらみの法律に馬鹿げたものが多いようだ。
◎ 上に挙げた法律の中には、姿勢としては正しいが、それを「法律」にするのはどうか、というものもある。たとえば中国の「知的でない学生は大学に入ってはならない」というのは、まったく正しい姿勢だが、日本でそれを法律化したらどうなるのだろうか。

拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Clear