忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

選手側からも「東京五輪で死者が出る」危惧の声

競歩選手がコース変更直訴 東京五輪で死者出ると識者危惧

公開日: 更新日:

 もっともな「お願い」ではないか。



 9月の世界陸上(ドーハ)に出場する競歩代表で、20キロの世界記録保持者の鈴木雄介(31)が8日、北海道千歳市の合宿で、東京五輪のコース変更を求めた。

 理由はこうだ。

 7月31日の早朝に東京五輪のコースを歩いたところ、「全く日陰がない。脱水になってもおかしくない」という厳しい環境を実感したという。

 当初、競歩の五輪コースは国立競技場を発着点に青山通りに周回コースを設定するはずだったが、審判を配置するには不向きなことから皇居前を周回(20キロは1周1キロ、50キロは1周2キロ)するコースに変更された。

 陸連強化委員長や専務理事などを歴任した澤木啓祐氏(順大大学院特任教授)は以前、日刊ゲンダイのインタビューで「東京五輪のマラソンや競歩は北海道や(山梨県の)河口湖付近でやるべきだ」と言った。五輪開幕まで1年を切ったいま、連日の酷暑と鈴木の発言を受けて改めて話を聞くとこう言った。

「鈴木はよく声をあげた。湿度が高い日本のこの時季、28度以上での屋外競技は死に至る環境といわれている。1995年8月の福岡ユニバーシアード大会のマラソンは気温29度、湿度90%、無風という条件で行われ、完走率は男子55%、女子70%。この結果、次のユニバーシアード大会から、ハーフマラソンに種目変更された。東京五輪の競歩やマラソンはその時より過酷な条件になる。死人が出るというのは、決して大袈裟な話ではない」

 現在、東京の朝6時の気温は30度を超えている。総務省消防庁の発表によれば、7月29日から8月4日の1週間に熱中症で救急搬送された人は全国で1万8347人(死者57人)に上り、東京はダントツの1857人。8月1日から6日までに東京23区では、40代から90代までの男女39人が熱中症で死亡したという報道もあった。消防庁はこの猛暑で警戒を呼びかけている。ある競歩関係者は「五輪でメダルを狙う鈴木が実際にコースを歩いて語った言葉ですから重みがある。こんな環境では観客も来ないのではないか」と懸念している。



 さらに澤木氏は続ける。

「今回の競歩のコースは、過去のデータ(気温、湿度など)をしっかり調べて決定したのかどうか。日陰のない皇居前を4時間も歩けば、たとえゴールしても後遺症が心配です。体温が下がらず、脳に悪影響を及ぼすこともある。北海道は無理でも、選手の体を第一に考え、コースは(都内の)日陰のある日本橋のビルの谷間にするなど再考するべきです」

ボイコットのダメージ


 いや、競歩やマラソンに限らない。サッカー、テニス、ラグビー、ホッケーなど、炎天下を走り回る競技にしても同様で、危険極まりない。



 今更ではあるが、東京五輪の招致委員会は、五輪立候補ファイルで「(東京の8月は)温暖な気候でアスリートが最高のパフォーマンスを発揮できる」とアピールしたが、全く悪い冗談としか思えない。選手や観客から死者が出れば、世界を感動させるスポーツの祭典が大都会を舞台にした悲劇になる。

 さらにここにきて、東京五輪に新たな問題が浮上した。日本の輸出管理で優遇措置を適用する「ホワイト国」から除外された韓国は憤慨。東京五輪のボイコットをチラつかせ、すでに女子カーリングは韓国で開催されている日中韓親善大会で日本チームの招待を取り消し、男子バスケットボールも韓国チームが日本開催の親善試合への参加をキャンセルした。

「これに北朝鮮が歩調を合わせるなんて話もあるが、こういう時こそスポーツをきっかけに関係修復を考えるのが外交です。それを、スポーツを政治に利用すれば国際社会から批判されるのは韓国です。とはいえ、韓国は五輪ボイコットで開催国の日本にダメージを与えたい。ボイコットをチラつかせて日本に譲歩させたいと考えている政治家がいるのでしょう。実際、日韓の政治、経済問題で平和の祭典がぶっ壊れたら開催国の日本はイメージダウンになる」(ビジネス評論家の菅野宏三氏)

 東京五輪は「史上最悪のオリンピック」になる可能性が高い。





拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear