忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

無限に過ちをするのが官僚

たまたま読んでいた「五雑組」の中のこのエピソードが、「記述式問題の採点」問題のいい答えになっていると思う。

唐の韓愈が試験に応じたとき、「怒りを遷さず、過ちをふたたびせず」という問題で、試験官の陸宣公から落第させられた。翌年、陸宣公が再び試験官となり、やはりこの問題を出した。韓愈は再び旧作通りに書き、一字もかえなかった。ところが陸宣公は大そう称賛し、韓愈を首席で及第させた。韓愈の文と陸宣公の見識を以てしても、なおこのように評価が定まらなかったのである。今日においてはなおさらのことではないか。(中国古典文学大系「近世随筆集」より)








さんがリツイート

4人の教員,教授の方々が発言しましたが,
・1万人近い,質の揃った採点者を集めるのは無理
・採点者間でのブレをなくすのは無理
・生徒の自己採点は無理,教員が採点しても無理
・採点のブレが出ない出題は無意味
ということで  以外の結論はありえません。









拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear