忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

コロナウィルス肺炎は「治っても治らない」?

「TBSニュース」から転載。
よく分からないが、今回のコロナウィルス肺炎はいったん治っても免疫は付かない、ということか。それとも、ウィルスとはもともとそうなのか。いや、コロナウィルスとインフルエンザウィルスは親戚みたいなものだろう、という理解しか私には無いので、疑問に思う記事は備忘的にブログに載せているだけで騒動を煽る意図はない。
まあ、もともと毎年DNAが変わるというウィルス性疾患に特効薬など無い(あるいは開発中に流行が終わる)、としか私は思っていないので、風邪でもインフルエンザでも家で寝ているしか治療法は無いと思っている。(肺炎だと病院での治療が必要になるだろうし、また風邪やインフルエンザなら症状を軽くする「対症療法」の薬はあるだろう。)「治る」というのは、そういう自然治癒であってもいいが、治ったらその年のウィルスへの免疫ができるかどうか、というのは重要な問題ではあると思う。治ったつもりが治ってなくて仕事や学業に復帰してまた感染源になるわけだから。

(追記)「酔生夢人」ブログで引用した井口一基氏の下の言葉が思い出される。

RNAウィルスというのは、そのRNAが体内細胞のDNAに組み込まれ、免疫が下がるとまた発症する



(以下引用)

新型コロナ、中国・広東省 退院患者の14%から陽性反応
 新型コロナウイルスによる肺炎について、中国・広東省の衛生当局は25日、肺炎の治療後に退院した患者の14%から、再び陽性反応が出たことを明らかにしました。
 広東省の衛生当局は25日、会見を行い、新型コロナウイルスによる肺炎の治療を受け、その後、退院した患者の14%から再びウイルスの陽性反応が出たとの分析結果を明らかにしました。衛生当局は、理由について、現時点では研究段階で科学的な結論は出せないとした上で、個人の体質や病状によってウイルスが体内に残り完全に治癒できていない可能性があると指摘しています。

 衛生当局は、陽性反応となった退院患者との濃厚接触者の感染は確認されていないと説明していて、引き続き、経過を観察するとしています。



拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear