忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

児童を石(モノ)扱いしたピラミッド

この問題にあまり興味の無い人も多いかと思うが、年間9000人もの児童が組み体操で怪我をし、その1%が生涯にわたる重度の怪我を負っているという問題は緊急性があるかと思う。
馳文科省大臣は組み体操について見直す意図を表明したようだが、副大臣の、元ヤンキーが売り物の何とかいう男は組み体操を絶賛していたはずだ。そういう、これまで組み体操という「児童虐待行為」「未必の故意による児童傷害行為」を助長してきた連中の社会的責任も問われねばならないはずである。
これはフクシマが「存在しない問題」とされているのと同根の問題だ。


(以下引用)

組み体操で後遺症残るおそれある重度のけが目立つ

2月5日 5時35分
組み体操で後遺症残るおそれある重度のけが目立つ
k10010397931_201602050539_201602050542.mp4
全国の学校で広く行われている組み体操で、脊椎の骨折をはじめ後遺症が残るおそれがあるなどの重度のけがをした子どもは1年平均で90人に上り、組み体操によるけが人全体の1%に達することが、救急の専門医の分析で初めて分かりました。
医師は「ほかの運動ではあまり見られないけがで、対策を急ぐべきだ」と指摘しています。
この分析は、千葉県の松戸市立病院で救命救急センター長を務める庄古知久医師が、学校での事故をまとめている日本スポーツ振興センターのデータを基に行いました。
それによりますと、昨年度までの3年間に全国の小中学校と高校で起きた組み体操の事故でけがをした児童や生徒は1年平均で8664人でした。このうち後遺症が残るおそれがあるなどの重度のけがは、いずれも年平均で、脊椎骨折が35人で最も多く、脳挫傷や脊髄損傷、内臓損傷などと合わせると90人に上ったほか、けが人全体に占める割合は1.04%に達しました。
組み体操による重度のけがの実態について分析が示されたのは初めてで、庄古医師は「結果に大変驚いた。学校で行われるほかの運動ではあまり見られないけがで、対策を急ぐべきだ」と指摘しています。

拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear