忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

基地の島沖縄

これが、常に軍隊と隣り合わせに住む、ということである。
その軍隊が米軍だろうと自衛隊だろうと、根本は同じだ。




(以下引用)



ヤクルト・真中監督、トラブル発生も那覇空港に無事到着 「ワクワクした気持ち」

ヤクルト・真中監督、トラブル発生も那覇空港に無事到着 「ワクワクした気持ち」: 歓迎セレモニーで花束を受け取るヤクルト・真中監督=沖縄県那覇市(撮影・加藤圭祐)© サンケイスポーツ 提供 歓迎セレモニーで花束を受け取るヤクルト・真中監督=沖縄県那覇市(撮影・加藤圭祐)

 トラブル発生も無事に到着-。ヤクルト・真中満監督(46)を始め、コーチ、選手、スタッフを乗せた日航機が30日、沖縄・那覇空港に到着した。


 あわや沖縄の地を踏むことができない事態だった。午後1時19分頃、那覇空港内にある航空自衛隊の基地から、F15戦闘機が、訓練のため離陸する準備を進めていた。だが、4機編隊の4番目の機体の前輪が脱輪するアクシデントが起きた。当該の戦闘機はクレーン車でつり上げられ、代わりの車輪を付け、基地に引き返すこととに。1時間50分にわたり、滑走路は閉鎖し、滑走路が使用できるようになったのは同3時9分だった。


 那覇空港に着陸予定の数便が、引き返したり、他の空港に目的地を変更する中、燕軍団を乗せた航空機はほぼ定刻通りに到着。真中監督は、「無事についてよかった。年が明けてから、早くキャンプが始まらないかと、ワクワクした気持ちだった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。ヤクルトの1軍は、2月1日から沖縄・浦添で、2軍は同日から宮崎・西都で春季キャンプをスタートさせる。













拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear