忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ

徽宗皇帝のブログ

平和国家から180度転回、「死の商人」国家へ
「ギャラリー酔いどれ」から転載。
前の南スーダン関連の記事と合わせて読むと、感慨深いのではないか。
日本は自衛隊員の命を「商売」に使うだけではなく、武器輸出をも日本の「輸出産業」のひとつにしようと計画している(と言うより、一部はすでに実行している)わけだ。
しかし、

「しかも、ここにきて、安倍政権は新たにとんでもない武器輸出政策を検討し始めている。

開発途上国などを対象に、武器購入資金を低金利で貸し出すほか、
政府自ら日本の防衛関連企業から武器を買い取り、
相手国に贈与する援助制度を創設する
のだという。

つまり、国民の血税を使って、海外に日本製の武器をばらまき、
最終的に日本の軍需産業を儲けさせようというわけ
である。」


とはまた凄い計画である。世界中に戦争を拡散しようという計画だ。日本は国を挙げて死の商人となるわけである。もはや、日本人であることは恥だ、という事態である。





(以下引用)


◆http://lite-ra.com/2015/09/post-1486.html
リテラ 2015.09.15
安保法制の狙いは武器輸出、
 経団連=軍需産業が安倍政権を動かしていた!  税金使った武器バラマキ計画も



安保法案の参院強行採決が確実視されるなか、
経団連(日本経済団体連合会)がある提言を発表した。

それは「防衛産業政策の実行に向けた提言」と題され、
武器など防衛装備品の輸出を国家戦略として推進すべきだと主張するものだ。

このことを報じた朝日新聞(9月10日付)によると、
経団連は〈審議中の安全保障関連法案が成立すれば、自衛隊の国際的な役割が拡大するとし、
「防衛産業の役割は一層高まり、その基盤の維持・強化には中長期的な展望が必要」と指摘〉。

10月に発足する防衛装備庁に対して
〈「適正な予算確保」や人員充実のほか、装備品の調達や生産、輸出の促進を求めた〉という。

やっぱりそういうことか。

じつは、安倍政権が集団的自衛権容認、安保法制を強行しようとする背景に、
米国の意向だけでなく、経団連の要望がある
との見方は以前から根強く囁かれていた


たとえば、今年7月19日、NHKの『日曜討論』にVTR出演した
山本太郎・参院議員はこう主張していた。

この法案の真の目的というのは、安全保障ではなく、経団連の金儲けなんです。
国内には武器を製造する企業がたくさん存在しています。
たとえば、イージス艦1隻に2500社、戦闘機1機に1100社、国内企業がかかわっている。

武器輸出の解禁(は)、経団連の提言、リクエストです。
これを実現させたのが安倍総理。
選挙のときの組織票、日頃の資金提供へのご恩返しなんですね
」 

また、山本議員は9月13日の同番組でも同様の指摘をしていた。

たしかに、製造業中心の経済団体・経団連には、
軍需産業、武器製造企業が数多く参加している。

会長の榊原定征・東レ相談役最高顧問、宮永俊一・三菱重工業社長、中西宏明・日立製作所会長、
内山田竹志・トヨタ自動車会長。現執行部の顔ぶれを見ても、
すべて戦闘機事業にかかわる軍需企業だ。


そして、経団連は、奥田碩会長時代から 改憲と安保問題といった政治問題に踏み込みつつ、
武器輸出三原則の見直しをたびたび迫ってきた。

昨年4月、安倍政権は武器輸出三原則を撤廃し、「防衛装備移転三原則に変更した

それまで原則的に禁止してきた武器や兵器、それに関連する技術などの輸出を認める
犯罪的な政策転換を行ったが、これも、経団連のリクエストに応えたものだった。

だが、「防衛装備移転三原則」では、一応、武器の輸出を「平和貢献・国際協力の推進に資する」
「日本の安全保障に資する」場合と限定しており
武器を大々的に輸出するためには
国際協力」「安全保障の範囲を広げる必要があった。

そこで、経団連はさらに集団的自衛権容認、安保法制の成立を安倍政権に働きかけてきた
のだ


つまり、自衛隊が地球上のあらゆる場所に出かけることのできる体制をつくることで、
これもあれも 日本の安全保障に資すると、
さまざまな国に武器を輸出することができるようになる
というわけだ。

事実、防衛省と日本の軍需企業関係者は、
かなり早い段階から、武器商戦に前のめりになっている。

昨年6月、フランスのパリで開かれた世界最大規模の武器見本市「ユーロサトリ」に、
日本ははじめて本格的に参加。音頭をとったのは防衛省で、
三菱重工、東芝、NEC、日立製作所、川崎重工、富士通らの企業とで
「日本パビリオン」を設けた。

この模様に密着したNHKスペシャル『ドキュメント“武器輸出”防衛装備移転の現場から』
(14年10月5日放送)では、防衛省の堀地徹・装備政策課長が
「国でやっぱりPRできる、出展できる。(日の丸の)フラッグのもとで
みなさんの士気も上がるし団結力もあると思うんですよ」と笑顔で語っている。

武器輸出解禁からわずか2カ月、安倍政権の動きを事前に知らなければ、
絶対に出展準備するのは不可能だ。

この事実ひとつをとっても、
いかに政権と経団連=軍需企業が連携しているかがよくわかるだろう。 

しかも、ここにきて、安倍政権は新たにとんでもない武器輸出政策を検討し始めている。

開発途上国などを対象に、武器購入資金を低金利で貸し出すほか、
政府自ら日本の防衛関連企業から武器を買い取り、
相手国に贈与する援助制度を創設する
のだという。

つまり、国民の血税を使って、海外に日本製の武器をばらまき、
最終的に日本の軍需産業を儲けさせようというわけ
である。

しかも、これは防衛省や自民党政治家にとってもこのうえなく美味しい利権になる。

防衛省はこの武器援助を通常のODAとは別枠で運用する予定だ。

特殊法人をつくり、その法人を通して
開発途上国や日本の防衛関連企業への直接の資金援助を行うのだという。

すでに、日本の防衛産業には多くの防衛官僚、自衛隊幹部が天下りしているが、
武器援助事業への参入を狙う新興企業やこの特殊法人が彼らの新たな天下り先になる。

さらに、援助事業への参入を口利きすることで、
自民党の政治家たちは軍需企業、防衛産業から巨額の献金を懐に入れることが可能になる。

防衛省の堀地装備政策課長は、先のNHKの番組で
「(防衛装備移転は)安全保障対話の、ひとつの大きなツールになっていると思いますね」
と語っていたが、実際は逆だろう。

「安全保障」という名目が、軍需企業、防衛省、政治家の金儲けの「大きなツール」
として使われているのだ。

そして、安保法制が成立すれば、この金儲けはさらに広がり、
日本に巨大な利権をもった軍産複合体がが誕生することになる

しかも、その金儲け、利権のためにばらまかれる武器は確実に、海外で“人殺し”に使われる。

防衛装備移転三原則では「輸出先の国から第三国に日本の事前同意なしに(武器を)移転する
ことも一定の条件のもと認められて」おり、一旦、海外に輸出されたら、
どこの国で使われるか追跡は不可能だ。

現に、元アメリカ国務省日本部長のケビン・メアはNHKの同番組で、
「アメリカに部品を供給すれば、その先、どこに輸出されるか追跡する術はない」
と言い切っている。

すなわち、日本がつくり、売った武器・兵器が、紛争地域やISなどの過激派組織の手にわたる
ことだって十分考えられるのである。

まさに、日本を死の商人にしようとしている安倍政権と経団連=軍需企業──


最後に、「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社)14年6月21日号が掲載した
日本の軍需企業トップ10」の企業名を紹介しておこう。

1位・三菱重工業、2位・三菱電機、3位・川崎重工業、4位・NEC、5位・IHI、
6位・富士通、7位・コマツ、8位・東芝、9位・日立製作所、10位・ダイキン工業
──。


国民は安倍政権だけでなく、こうした「死の商人」企業に対しても、製品の不買運動などで、
徹底批判を行っていく必要がある。

(水井多賀子)


(徽宗追記)引用記事とは別に、「阿**」に載っていた記事のコメントが、「日本軍国化(または日本私物化、または売国)プロジェクト」に関して的を射た内容かと思うので、それを載せておく。ここに挙げられた出来事は、私のように記憶力薄弱な人間はとうに忘れていたものばかりだが、近年だけでも実に日米両政府は堂々とこれらのあからさまな「犯罪的政治」を行ってきたものだ、と改めてあきれかえっている。そしてこれらの「犯罪行為」を唯々諾々と受け入れ、何の文句も言わず、自公などの政党を選挙で勝たせてきた日本国民にあきれかえっている。

1. 2015年9月23日 00:41:51 : 4cWb4XO1Zw

北朝鮮や中国の脅威など全くのゼロである、
日米軍事財界が自国民の税金を奪うために戦後延々と挑発を続けて来ただけである。
http://esashib.com/yubari01.htm
日米安保詐欺同盟の戦争法案巨大利権。
極右利権屋の石原慎太郎を使い軍産ヘリテージ財団で会見させ突然尖閣を国有化、
沖縄国民に暴行して辺野古を埋め立て、
反対を押し切り墜落兵器オスプレイを全土に配備して中国を次々に軍事挑発し南沙埋め立てを引き出し脅威論を振り撒く軍事財界と自衛隊の巨大利権。
中国や北朝鮮やロシアに露骨な軍事挑発を仕掛けて巨額な税金を引き出す自衛隊と財界の巨額利権。
現在の自衛隊防衛予算は実質毎月毎月5000億円で国民生活破壊である。

http://blogs.yahoo.co.jp/pongisayoku
外国が日本を攻撃してきたら
外国が日本を攻撃してきたら
この質問を発する奴こそ犬である、軍事財閥や自衛隊の巨大利権に巣食う犬コロである、
外国が日本を攻撃してきたら、この質問を発する奴こそ軍事利権屋の犬である、軍事財閥や自衛隊の犬コロである、泥棒一味である。
http://blogs.yahoo.co.jp/pongisayoku/27321575.html
ソ連が北海道に攻めて来る、ソ連が北海道に攻めて来る、と60年代から70年代に軍事危機を煽り、国家間憎悪を煽り、
人殺し兵器の引き鉄を平気で引く取り返しの付かない不気味な人間のクズを生み出し続け、
何十兆円もの税金を強奪した軍需詐欺泥棒共は2007年現在、誰ひとり逮捕されていない。
http://blog.goo.ne.jp/fugimi63119/e/29ccca663b23645d9044876e57310274


2012-2月24日の閣議決定答弁書で、
「西部航空方面隊司令官」「呉地方総監」「陸上幕僚長」「航空集団司令官」「第一師団長」などそうそうたる自衛隊幹部が三菱(軍事・原子力)財閥の「顧問」として天下りしていることが分かった。 恐るべき癒着構造である。
ひとりアタマ数百億円の国民の血税(防衛予算)を軍事財閥に持参して天下る、信じられないような腐敗構造なのである。
国民や貧乏若者をコケにした他では有り得ない腐敗の極みの税金泥棒構造なのだ。
改憲とか集団的自衛権とか尖閣竹島問題とはつまり、国民に対する税金泥棒犯罪のことだ、
「中朝の脅威」とか「米艦の護衛」だとかはフザけた寝言に過ぎない。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-19/2012031915_01_1.html



拍手

PR

コメント

コメントを書く