忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ

徽宗皇帝のブログ

日米関係小史(特に沖縄関連を中心に)



日米関係及び沖縄関連小史


 




1941年 太平洋戦争始まる。(12月8日真珠湾攻撃)


1945年 太平洋戦争終わる。(8月14日、ポツダム宣言受諾。8月15日終戦の詔勅放送)


 * 同年3月、米軍の沖縄上陸。8月6日、広島に原爆投下。8月9日、長崎に原爆投下。


  沖縄県民約60万人のうち、12万人(5分の1)が死亡。広島では20万人以上、長崎では10万人以上が原爆で死亡。国家指導者たちが敗戦を早めに受け入れていれば、これらの死者は無かった。降伏勧告の受諾が遅れた理由は、彼らが国体(天皇制)護持にあくまでこだわったからであった。


1945年 連合国総司令部(GHQ)による日本占領政策の開始。


  天皇の「人間宣言」、戦争指導者の公職追放、政治犯・思想犯の解放、労働三法の立法など、「日本の民主化」が行われた。


1946年 日本国憲法の制定。


1949年頃より、「東西冷戦」が始まる。資本主義(自由主義)諸国と、社会主義諸国の対立。(ただし、水面下での経済交流はあった。)


  1949年、東西ドイツの分離、中華人民共和国の成立、南北朝鮮の分離。


1947年頃より、日本の占領計画の変質。(労働者側寄りの政策から、経済界寄りの政策となり、大規模ストライキの禁止、公務員の争議権の禁止などが行われた。)


1950年 朝鮮戦争の勃発。(実質は、米国と中国・ソ連のための代理戦争)


  軍需景気により、日本の経済復興の一因となる。


  日本国内の共産主義者の弾圧(レッド・パージ)と、公職追放されていた旧軍人・財界人の公職復帰が行われ、「逆コース」と言われた。


  自衛隊の前身である警察予備隊の創設。


1951年 サンフランシスコ平和条約締結により、日本は独立。


  同時に、日米安保条約を「強制的に」締結し、日本における米軍基地の恒久化が行われた。つまり、日本の「独立」は名目のみ。(なお、日本の保守政党は、米国からの資金援助で作られた。)


1960年 安保条約改定と安保騒動。(60年安保)


1970年 70年安保。(これ以降は、自動延長となった。)


1970年 コザ暴動。


1972年5月 沖縄の祖国復帰。


1995年 少女暴行事件と、沖縄県民総決起大会。(2008年にも同種事件あり。)


 * 橋本総理とクリントン大統領の間で、普天間基地返還が取り決められるが、その後、難航。(県民の希望に反し、実体は県内移設、つまり新基地の建設にすぎない。) 




拍手

PR

コメント

コメントを書く