忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

神奈川県議会で恐るべきファシズムが進行中

君嶋ちかこという、おそらく共産党議員(県議会かどうかは知らない)の方のブログから転載。この事件のことは「谷間の百合」ブログで知ったが、これは国会に上げ、全国民に知らせるべき大問題ではないか。まさに「代表民主制」の否定であり、多数党による少数党の発言・政治行動の圧殺である。
第二次大戦中に逆戻りしたか、と思われるほどの暴挙だ、という意識が神奈川県議会議員たちには無い、とすればその頭を疑う。キチガイ集団である。本当に、神奈川県民がこういう連中を選んだとしたら、神奈川県全体がキチガイ県だ。
さあ、このキチガイ行為に対し、どういう処分が行われ、どういう弁明が、これから聞かれるだろうか。


(以下引用)

神奈川県議会で起きていること

2016年4月19日
LINEで送る


● 4月15日日本共産党県議団は、議会運営に関わる声明の発表と記者会見を行いました。


daihyo-shitumon-seimei_01
 声明にもあるように、共産党県議団の発言にミスがあったことは、お詫びしなければなりません。
 でも、県民の皆さんを裏切るような誤りであったり、議会や他会派を侮辱するような誤りではありません。また謝罪と訂正も本会議終了前に行っています。
 これに対し自民党は、「成熟するまで日本共産党は代表質問を辞退すべき」とし、その為の例外規定を設ける協議入りが、共産党以外の会派の賛成により決められました。


20160415


私達は、このことを極めて不当なことと考えています。有権者の付託を受けた議員によって構成される議員団、その発言資格は他会派が決めるものではありません。このようなことが行われれば、議会内の多数派が有権者の意思を議論以前に否定することになります。


私達は、このことをお伝えしたくて記者会見を行いましたが、赤旗の記事を除けば、他紙には今のところ理解されていないようです。


より多くの皆さんに、神奈川県議会で起きていることをお伝えし、議会本来の役割を果たせる神奈川県議会をめざしたいと思います。(2016.4.15)


拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear