忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

「ハビトゥス」の空気感染

トクヴィルの「アメリカの民主政治」の中に、こういう一節がある。(念のために言うが、私はこの本を気が向いた時に拾い読みするだけである。訳が下手くそで読みにくいのだ。)
下の文章も私が少し手を加えている。

「最も好都合な(地理的)位置も最善の法律も、風習を無視しては憲法を維持することはできない。」

「風習とは、人々が社会状態に持ち込んでいる知的並びに道徳的諸傾向の全体である。」

この風習という言葉へのトクヴィルの定義はかなり独特なもので、これを読んで私が想起したのは「ハビトゥス」という社会学上の観念である。その「ハビトゥス」について書いた私の小文とウィキペディアの一節を転載しておく。下で書いているのとは少し異なり、ハビトゥスは「空気」であると同時に、空中に漂う「風習」ウィルスかな、と思う。

(以下引用)

某ブログを読んでいると、その中に「ハビトゥス」という言葉がカッコ付きで何度も出てきたが、その説明が無く、仕方なく自分で調べた。


まあ、わりと重要な概念だと思うが、それは日本では「空気」で言い表せるのではないか。


ピエール・ブルデューに誰かが教えればよかったのにwww


下の説明では、その「ハビトゥス」が仏語なのか英語なのか、新造語なのかも、また造語なら、その元になった言葉が何かも分からない。


念のために英和辞書を引くと、「habit」が「癖、習慣、気質、体質」などの意味があり、中には「服(特に僧服)」という興味深い意味もある。「habitat」は生育地、住所などで、成る程、特定地域で長期間定住することで身に付く(無意識の)癖、習慣、気質、体質を「ハビトゥス」という概念にするのは意味がありそうだ。


ヤンキーが群れ住む町では誰もがヤンキー的なハビトゥスを身に付けるわけである。運命としてそういう地域に生まれたら、意図的に周囲から孤立することこそ高貴な生き方だと言える。ただし、周囲からは嫌われ軽蔑されるだろう。カマヤン氏の人生などがそれだったのではないか。


なお、habitに「服(お仕着せの服)」の意味があることは、ハビトゥスは自分の意志で脱ぎ捨てることができる、ということを暗示しているようで面白い。


 


ハビトゥス


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


ナビゲーションに移動 検索に移動




出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。20153月)

ハビトゥス (habitus) は人々の日常経験において蓄積されていくが、個人にそれと自覚されない知覚・思考・行為を生み出す性向。ピエール・ブルデューによって用いられた[1]


脚注[編集]


1.    ^ コトバンク > ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 > ハビトゥスとは「大辞林 第三版の解説」

拍手

PR

冷戦の終了で資本主義がその本性を現した

何となく、「酔生夢人」ブログの過去記事を読んでいたら、「神州の泉」氏の書いた記事を引用していたので、転載しておく。「神州の泉」ブログは愛読していたが、ブログ主が急死したはずだ。右左を超えた、高い見識を持った人だったが、残念である。

(以下自己引用)


資本主義と社会主義の相克と相互浸透

このブログの今後の方針としては、趣味的内容、娯楽的内容の記事を、気の向いた時に書いて行こうと考えているが、「神州の泉」に好記事が載っていたので、転載しておく。
好記事というのは、言うまでもなく、私と考えが同じである、ということだ。(笑)
現代史を概観する上で、資本主義と社会主義の相克と相互浸透が最も重要だと私は考えているが、その関係を実に分かりやすくまとめている文章である。
ぜひ、若い人たちの多くが、下に書かれたような認識を持ってほしいものだ。
学校や予備校の社会科教師なども、この程度の認識が無ければ、教師をするべきではない。





(以下引用)




専門家でなくとも分かることは、諸規制の存在が修正資本主義体制の重要な柱となっている事実である。
イギリスで発祥した資本主義は、産業革命後に「生の形」で発動したために、資本家の横暴がまかり通り、社会は貧困、格差、失業、労働不安、社会暴動の不安など様々な弊害を生み出した。

これに対抗する形で社会主義が生まれたが、第一次世界大戦後、資本主義体制を温存したままで、数々の深刻な弊害に国家が介入して修正を図るという考え方が取り入れられた。
これが修正資本主義である。
分かりやすく言えば、ラッサールの夜警国家から福祉型国家への組替えである。

世界が米ソ二大大国の冷戦ヘゲモニー状態にあったときは、共産圏の影響を防ぐために資本主義国家群は、比較的に福祉政策に注力していたが、1989年にこの東西冷戦が終焉し、強力な共産圏国家が事実上消滅してから、再び資本主義の猛威が頭をもたげてきた。
この歴史的な推移は、現代においては国際金融資本の世界侵略という形で各国に甚大な被害を与え、それは1%の超富裕層が99%の人間を経済奴隷の道に進ませている。

グローバル資本の最終目的は、社会主義体制が消滅した今の世界で、再び産業革命直後のイギリスのように、資本(企業)が勝手気ままに、支障なく利潤の追求に明け暮れるようなシステムに世界を変えて行こうとする趨勢である。
欲望資本主義が跳梁跋扈し、第一次世界大戦後に形作られた修正資本主義は彼ら1%による強力な外部干渉で崩壊しつつある。

これが日本で言えば、小泉政権以降に表舞台に躍り出た新自由主義(フリードマン主義)の実態である。
ミルトン・フリードマンのセオリーに従ったワシントン・コンセンサスとは、彼ら1%のための侵略思想なのある。

分かりやすい範囲で言うなら、この思想は貿易、投資の自由化、公的部門の民営化、政府介入を極小化することなど、夜警国家論の現代的な実践版となっている。
投資の自由化や公的部門の民営化、政府介入の極小化などは、99%の一般人の視点から見ると、修正資本主義国家が行っている福祉や国民を守る諸規制の取り外しを意味している。

この視点から安倍政権が国家戦略特区法や産業競争力強化法、あるいはTPPで強力に推進しようとしている「規制緩和」が、小さな政府論の典型的な具体化であり、それがグローバル資本の日本侵略のためであることを強く指摘することができる。

拍手

コロナウィルス肺炎は「治っても治らない」?

「TBSニュース」から転載。
よく分からないが、今回のコロナウィルス肺炎はいったん治っても免疫は付かない、ということか。それとも、ウィルスとはもともとそうなのか。いや、コロナウィルスとインフルエンザウィルスは親戚みたいなものだろう、という理解しか私には無いので、疑問に思う記事は備忘的にブログに載せているだけで騒動を煽る意図はない。
まあ、もともと毎年DNAが変わるというウィルス性疾患に特効薬など無い(あるいは開発中に流行が終わる)、としか私は思っていないので、風邪でもインフルエンザでも家で寝ているしか治療法は無いと思っている。(肺炎だと病院での治療が必要になるだろうし、また風邪やインフルエンザなら症状を軽くする「対症療法」の薬はあるだろう。)「治る」というのは、そういう自然治癒であってもいいが、治ったらその年のウィルスへの免疫ができるかどうか、というのは重要な問題ではあると思う。治ったつもりが治ってなくて仕事や学業に復帰してまた感染源になるわけだから。

(追記)「酔生夢人」ブログで引用した井口一基氏の下の言葉が思い出される。

RNAウィルスというのは、そのRNAが体内細胞のDNAに組み込まれ、免疫が下がるとまた発症する



(以下引用)

新型コロナ、中国・広東省 退院患者の14%から陽性反応
 新型コロナウイルスによる肺炎について、中国・広東省の衛生当局は25日、肺炎の治療後に退院した患者の14%から、再び陽性反応が出たことを明らかにしました。
 広東省の衛生当局は25日、会見を行い、新型コロナウイルスによる肺炎の治療を受け、その後、退院した患者の14%から再びウイルスの陽性反応が出たとの分析結果を明らかにしました。衛生当局は、理由について、現時点では研究段階で科学的な結論は出せないとした上で、個人の体質や病状によってウイルスが体内に残り完全に治癒できていない可能性があると指摘しています。

 衛生当局は、陽性反応となった退院患者との濃厚接触者の感染は確認されていないと説明していて、引き続き、経過を観察するとしています。



拍手

「思いつき」と「学説」

私は「現在の主流学説」に異を立てる姿勢は好きだが、そこには合理的な筋が通っていての話だ。
下のツィートは政治の中心が経済の中心と一致しなければならない、という偏頗な思想であり、そもそも、安土城ではなく、近江という土地自体が当時の経済の要地だったのではないか。坂本に馬借が発展したのはそのためだろう。
安土城がどうこうというのは、まるで「霞が関を経済の中心にしなければならない」というようなものだ。江戸時代に江戸城は経済の中心だったか? いや、大阪が経済の中心であり、それも大阪城は無関係だっただろう。
楽市楽座が安土城周辺だけのものだったか、覚えていないが、仮にそうだとしても、自分の城を新開地に立てるなら、城内の生活の便宜のために城の周囲に人が集まるようにするのは合理的そのものの思想であり、まさに生きた経済であるだろう。


(以下、某ツィートより引用)現在のツィッターはそのまま全体を引用できない仕様のようだ。


織田信長は経済センスがあり商業流通を重視したなんて言われがちなのですが、個人的にはホンマかいなと思っていて、例えば信長の安土楽市楽座令なんて城下町を商業流通の中心とする施策で云々とか説明されがちですが、そもそも安土城は当時の商業ルートから外れた場所に建設されており、そのままでは→


拍手

共産主義嫌悪と自己保存本能

「酔生夢人」ブログに書いた記事だが、あちらではネット公開ができなかったので、こちらで試してみる。内容的にも「徽宗皇帝ブログ」がふさわしいだろう。


世の中には社会主義や共産主義を嫌悪する人間があきれるほど多いことを私は不思議に思っている。その否定や嫌悪の理由を問われても、「社会主義者や共産主義者は、言う事は立派だが信用できない」とか言うだけで、なぜ信用できないのかは明確にしない。過去の政治犯罪の9割以上は当然ながら政権与党の犯罪であるのに、なぜ政権を取ったことも無い共産党をそれほど嫌悪し憎悪するのか、一度詳しく心理分析したいのだが、まあ、「体制に依拠して生活を維持している一般市民はその体制を支持するしかない」ということかと思う。つまり、体制否定とは自己否定になるという人間が多いのだろう。だから、青年の間だけ社会主義や共産主義に肯定的か、あるいはロクに考えもしないで頭から社会主義や共産主義を否定するのだと思う。
社会を根底から変革するには、そこ(人間の自己防衛本能や自己愛、つまりエゴイズム)が一番の問題になるだろう。もっとも、私自身、共産主義は実現不可能だと思っており、「社会主義の理想を取り入れた資本主義」がもっとも望ましいと思っている。
また、エゴイズムの対置として東海アマ氏の「利他主義」という言葉も好まない。べつに他人を利することをことさら言わなくても、他人に害を与え苦しめてはてはいけない、というだけで十分である。そして実はそれは憲法で規定されていること(あるいは憲法の精神や理念)を実際に守るだけで実現されるのである。それを「利他主義」と言うと、「自分は二の次、他人を優先せよ」という、人間性の本質に反する考えになる。

拍手

なぜアメリカのインフルパンデミックはテレビで触れないのか

これは、ネットではかなり前から言われているが、テレビではまったく触れないのだろうか。




竹熊健太郎《地球人》
@kentaro666
数字だけ見ればアメリカの方が深刻なのに、朝のテレビを見ても全く報道されてないぞ。意図的なものを感じる。
引用ツイート
竹熊健太郎《地球人》
@kentaro666
·
アメリカの方がやばいのでは。>日本でほとんど報道されぬ米インフルエンザ8000人超死亡の大流行
#MAG2NEWS mag2.com/p/news/438550
午前7:20 · 2020年2月5日Twitter for iPhone

拍手

日本の「問題」の解答(少子化対策)

いつもいつも政治批判や社会批判ばかりだと飽きるので、たまには「問題の解答」を考えてみたいと思うのだが、ここでは「少子高齢化」の解決策を考えてみる。まあ、高校生に小論文を書かせるようなものだし、実際、この問題は二十年以上も前、いや、おそらく三十年以上前から大学入試小論文の定番問題だったのだ。にも関わらず、日本は見事に少子高齢化社会になった。ということは、難関大に受かったエリートたち、特に官僚になった連中は、この問題をまったく無視して現在の状況を作り出したわけである。
だが、私自身、偉そうなことは言えない。何しろ、私は、「少子高齢化は何も心配する必要はない。居住可能面積や資源から考えて日本の適正人口は今の半分くらいだろうから、人口が減ってちょうどいいくらいだ」と思っていたからである。ただ、そこで抜け落ちていたのは、少子化よりもむしろ高齢化が大問題だということだった。つまり、少子化で「労働人口」は減るが、高齢化で「消費人口」がむしろ増えるということだったのである。老人というのは、基本的に肉体労働はできないものだ。デスクワークするにも、長時間はできない。頭はボケているからデスクワークも実は無理なのである。要するに、老人は労働人口として計算に入れてはならないということだ。
しかし、人間は生きているだけで消費はする。生きるカネが必要なのである。
さて、それではこの少子高齢化社会をどうすればいいのか。

少子化問題と高齢化問題をまず区別しよう。
そうすれば、少子化問題など簡単に解決できるとすぐに分かる。要するに、若い人たちに十分な給料を与え、老後までの人生設計ができるような保証を与えればいいのである。要するに、労働三法を会社すべてに厳守させればいいだけだ。小泉政権以降の「非正規労働者拡大」の原因となった法律も改定して、社員は原則としてすべて正社員とし、給与は定期昇給を原則とする。そういう「社会常識(社会風潮)」を作るのである。そうすれば、若い人たちは安心して恋愛し、結婚し、子供を作るだろう。
では、就職超氷河期に遭遇し、まともな仕事に就く機会も無いままに中年老年を迎える年代層の人々はどうするか。そういう人々の中で何かの職業スキルを持っている人は問題は無いが、それが無いのが普通だろう。とすれば、「まだ肉体労働はできる」人々は、第一次産業に就かせるのが最善だろう。そのための機会を政府が作るのである。日本全国には後継者がいないために耕作放棄された田畑が厖大にあるはずだ。そうした土地を強制収容して国有地にし、それを農業新規参入者に無料、あるいは格安で与え、住居も農業用具も国がタダで貸与する。そして、初年度の生活費用も無利子で貸すのである。これが、「見捨てられた世代」への国の罪滅ぼしである。
まあ、農業振興以外にも解決策はほかにもいろいろあるだろうが、とりあえず、少子化問題についてはここまでとする。
高齢者問題にはまた稿を改めて考える。




拍手

白人の侵略主義とその結果の21世紀世界

19世紀(あるいはそれ以前)から20世紀が白人(西洋人)による世界侵略の時代で、現在もその結果世界は荒廃していることがよく分かる。このリストにあるのはすべて西洋人に侵略された国か、欧州国家自体である。(UKは植民地化した国からの移民で自己崩壊している。つまり、ローマ帝国の崩壊と同じ現象。)


さんがリツイート

Most dangerous places to live, 2019.

1. Brazil
2. South Africa
3. Nigeria
4. Argentina
5. India
6. Peru
7. Kenya
8. Ukraine
9. Turkey
10. Colombia
11. Mexico
12. UK
13. Egypt
14. Philippines
15. Italy
16. US
17. Indonesia
18. Greece
19. Kuwait
20. Thailand

(InterNations)


拍手

電子社会の戦争

これは、かなり現実性がある話だと思う。電子依存社会というのは、板子一枚下は海と言うか、断崖の傍の道を酔い心地で歩いているようなものだと私は思っている。
まあ、どんな戦争でも、弱者が犠牲になるのは同じである。


(以下引用)


さんがリツイート

本当に第三次世界大戦が始まると、前線に送られた若者が死ぬんじゃなくて、サイバー的・電子的な手段でインフラをズタズタに切り裂かれたことで流通がボロボロになって、爺さん婆さんや子供や貧弱オタクから死ぬことになると思う。今時若者を徴兵して前線に並べて突撃させるなんてのは流行らない。

















拍手

合理主義の罠

少し前に「合理主義+資本主義=少子高齢化」とかいう題名の記事を書いたが、それについて考えてみる。書きながら考えるので、結論など持っていない。逆に言えば、「最初から結論ありき」の文章にはならないと安心して読めるだろう。
まず、「合理主義とは不合理である」、とは混沌堂主人氏が私の記事を引用した文章にタイトルを付けたものだが、まさに、そこが実は合理主義の最大の問題で、合理主義とは「ある目的に関してのみ」合理的なのである。それ以外の場面では不合理となる。嘘だと思うなら、お店の前で、玩具やお菓子をほしがって泣きわめく幼児を「合理的な説明」で説得してみせるがいいwww 説得できないなら、それが合理主義の限界である。
では、大人が相手なら、合理主義は万能か。もちろん、万能ではない。なぜなら、合理性というのは、「抽象化と捨象」を本質とする思考法だからだ。「ある問題に関して、その問題と無関係な存在をすべて捨象し、(目的とする)結論を導き出すための思考」が、合理的思考と呼ばれるものである。(詐欺師、特に経済犯の口上は一見「合理的」に見えるものだ。)ここで、「(目的とする)結論」と書いたのは、数学はべつとして、世上の多くの「合理的な解答」が、実は最初から結論が先にあって、それを世人に納得させるために「合理的な顔」を見せているだけだからだ。つまり、その思考過程には、実は「捨象」された無数の存在があるわけだ。
いや、捨象された存在は、「その問題と無関係な」と先に書いたではないか、と言われるだろうが、それは、「問題を扱う人間の主観」で「無関係」とされただけである。
そこで、合理主義と資本主義が結びつくと、恐ろしい結果になる。つまり、資本主義とは金儲けを第一義とする思想である。そして、合理主義とは、合理的思考に邪魔な要素はすべて捨象する思考法である。とすれば、その資本主義と合理主義の結婚から生まれるのは、「カネ儲けには無駄な存在(弱者や貧困者)の膨大な切り捨て」になるのは自明だろう。それが日本の現在であり、西側諸国の現在であり、おそらくこのまま行くと、中国やロシアもいずれそうなるだろう。それを予感した世界の若者たちの多くが、社会主義を肯定するようになっているのも当たり前なのである。

長くなりそうなので、ここでいったん切っておく。

拍手

Clear