忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

糞口経路www

「ブルームバーグ」2月20日の記事だが、記事タイトルはコピーできなかった。
「糞口経路」とは、どんな経路なのだよ。「ムカデ人間」ごっこでもしたのか。

(以下引用)


新型コロナウイルスは感染者の排せつ物に含まれており、これが急速な拡大の一因である可能性がある。中国の研究者らが指摘した。



コロナウィルスの電子顕微鏡像Source: The University of Hong Kong
  排せつ物検体中にウイルスが発見されたことは、ウイルスが口腔(こうくう)を介して伝播(でんぱ)する糞口経路での感染を示唆している。これと同じ経路で感染するノロウイルスでしばしば見られるような急激な感染拡大がクルーズ船で起こった説明が、これによってつくかもしれない。




  中国疾病対策予防センターは15日に公表した論文で、「このウイルスには多くの感染経路があり、それが急速な感染の一因だと考えることができる」と指摘した。


原題:
Fecal Transmission May Be Behind Coronavirus’s Rapid Spread(抜粋







拍手

PR

まさに厚労省の「自殺点(オウンゴール)」

既に橋本副大臣のツィッターからは画像が削除されたらしいので、貴重な画像であるwww






2020年02月20日

【画像】 橋本岳厚生労働副大臣、政府による完璧なゾーニングを披露!「こっちが清潔ルート!こっちが不潔ルート!」

1 名前:1号 ★:2020/02/20(木) 12:24:14.90 ID:LOi5RfWf9
はしもとがく(橋本岳) @ga9_h
◯ 船内の区域管理(ゾーニング)が適切に実施(※)されているかを含め、船内の 感染管理について、感染制御支援チームの医師が船内のコンサルテーション及びラウンドを連日実施し、指摘された点はすべてその日のうちに対応を行ってきました。

https://twitter.com/ga9_h/status/1230315271715352576

ERL3qi-UwAE-MSE

はしもとがく(橋本岳) @ga9_h
ちなみに、現地はこんな感じ。画像では字が読みにくいですが、左手が清潔ルート、右側が不潔ルートです。

https://twitter.com/ga9_h/status/1230317966144630785



3: 名無しさん@1周年 2020/02/20(木) 12:24:38.23 ID:65AWIrhz0
ワロタ
一緒やん







拍手

ネトウヨは太陽に当たると消え去る氷か吸血鬼

頭の悪いネトウヨの言いがかりでも、それを論理的に反論するのは面倒くさいので、だいたい「言ったもの勝ち」になる、というのがネトウヨがはびこる理由だが、下の問答は、ちゃんとネトウヨに反論したらこうなるという実例として面白い。

(以下「逝きし世の面影」コメント欄より)


中国の責任 (愛国中年)
2020-02-20 19:21:56
今回のコロナ肺炎蔓延に対して世界の人々に謝罪がない。
アベの支配する日本政府の無能はもちろんだが、今回の騒動の原因の根本原因は中国にある。
香港風邪やSARSなど中国中南部は動物食も常態で様々なウイルスの発生源だからだ。
アメリカ生物兵器説 (愛国中年)
2020-02-20 19:39:46
コロナ肺炎がアメリカの生物兵器などというフェイクニュースがあるが、中国はやられたらやり返すだけの技術力はある。
だから生物兵器説は成り立たない。
ソレは・・ドゥかな?(笑) (あたし新聞)
2020-02-20 20:42:51
>日本政府の無能は

感染拡大人体実験をワザとやっているんだろう?だから、チャーター便でウィルスを輸入した!

>中国中南部は動物食も常態で様々なウイルスの・・

ほぅほぅ?動物を食べない菜食主義者の地域からはウィルスが発生しないんですかね?

>根本原因は中国にある

ソコまで言い切れるだけの「確たる証拠」が有りますのならば、開示をして頂きたい(笑)

>コロナ肺炎がアメリカの生物兵器などというフェイクニュースが

フェイクニュースだという根拠は?

>中国はやられたらやり返すだけの技術力はある。
だから生物兵器説は成り立たない。

それでは、カラテの有段者とか?ボクサーとか?やられたらやり返すだけの技術力が在る人は、
必ず、やり返してきますかね?幼児に蹴られた保育士も必ず蹴り返しますかね?
赤ちゃんに噛まれた母親は必ず噛み返しますかね?アナタが述べる論法は成り立たないですな(笑)


拍手

ダイヤモンドプリンセス号という感染地獄

「note」(とはどういうサイトなのか良く知らないが)から転載。
なお、岩田教授を船から追い出したのは厚労省副大臣の橋本岳という男らしい。


(以下引用)ブログ容量制限のため、記事を大きくカットしている。



▼以下書き起こし▼


岩田健太郎です。

神戸大学病院感染症内科教授をしていますけれども、今からお話しする内容は神戸大学など所属する機関とは一切関係なく私個人の見解です。
予め申し上げておきます。


今日2月18日にダイヤモンド・プリンセスに入ったんですけど、1日で追い出されてしまいました。
何故そういうことが起きたのかについて、簡単にお話ししようと思います。




1. 感染が広がっていくんじゃないか、怖い

もともと、ダイヤモンド・プリンセスはすごくCOVID-19の感染症がどんどん増えていくということで、感染対策はすごくうまくいってないんじゃないかという懸念がありました。


 (中略)

2. ダイヤモンド・プリンセスの中は心の底から怖い


それはもうひどいものでした。もうこの仕事20年以上やってですね、アフリカのエボラとか中国のSARSとか色んな感染症と立ち向かってきました。
もちろん身の危険を感じることは多々あったんですけど、自分が感染症にかかる恐怖っていうのはそんなに感じたことはないです。


どうしてかというと、僕はプロなので自分がエボラにかからない、SARSにかからない方法っていうのは知ってるわけです。
あるいは他の人をエボラにしないSARSにしない方法とか、その施設の中でどういうふうにすれば感染がさらに広がらないかという事も熟知しているからです。


それが分かっているから、ど真ん中に居ても怖くない。

アフリカに居ても中国に居ても怖くなかったわけですが、ダイアモンドプリンセスの中はものすごい悲惨な状態で、心の底から怖いと思いました。
これはもうCOVID-19に感染してもしょうがないんじゃないかと本気で思いました。


レッドゾーンとグリーンゾーンというんですけど、ウイルスが全くない安全なゾーンとウイルスがいるかもしれない危ないゾーンというのをきちっと分けて、レッドゾーンでは完全にPPE(個人用防護具)という防護服をつけグリーンゾーンでは何もしなくていいと、こういうふうにきちっと区別することによってウィルスから身を守るというのは我々の世界の鉄則なんです。

3.グリーンゾーンとレッドゾーンがグチャグチャ

ところが、ダイヤモンド・プリンセスの中はグリーンもレッドもグチャグチャになっていて、どこが危なくてどこが危なくないのか全く区別かつかない。


どこにウイルスが…ウイルスって目に見えないですから、完全なそういう「区分け」をすることで初めて自分の身を守るんですけど、もうどこの手すりと、どこのじゅうたん、どこにウイルスがいるのかさっぱり分からない状態でいろんな人がアドホックにPPEをつけてみたり手袋をはめてみたり、マスクをつけてみたり、つけなかったりするわけです。


で、クルーの方もN95(医療用マスク)をつけてみたりつけなかったり、あるいは熱のある方がですね、自分の部屋から出て歩いて行って医務室に行ったりするっていうのが通常で行われているということです。


画像1


私が聞いた限りではDMATの職員それから厚労省の方、検疫官の方がPCR陽性になったという話は聞いてたんですけどそれはもう「むべなるかな」と思いました。

(後略)












拍手

自民党の裏に流れる潮流

「阿修羅」読者コメントからの転載だが、出典は東海アマ氏のブログのようだ。
どうりで、日本政治の現代史(特に自民党裏面史)に詳しく、文章が明晰であるわけだ。

(以下引用)



http://tokaiama.blog69.fc2.com/
 アホの安倍晋三を支える安倍官邸の黒子たちが、ほぼ警察官僚で占められていることは何度も指摘した。しかし、実は警察だけでなく、検察も裁判所も含めた司法全体が、極右化して安倍政権を作り出してきたのである。


 なぜ司法界が、アメリカ盲従、安倍晋三傀儡政権を作り出すことができたのか? というと、実は、1980年代の中曽根政権時代に、その根が埋め込まれている。
 安倍晋三一族=岸信介・佐藤栄作・安倍晋太郎・安倍晋三・岸信夫・北村経夫らが、実は韓国統一教会と恐ろしいほど深く結びついてきたことは何度も書いている。


 統一教会と、日本会議(前身は「1974年・日本を守る会」、1981年「日本を守る国民会議」が、創立初期から「国際勝共連合」として、共同歩調をとってきたことが知られている。
 国際勝共連合のメンバーと、笹川良一の作った日本会議のメンバーは、ほとんど重なっている。この根元にいる人物は、岸信介・中曽根康弘・笹川良一・児玉誉士夫・谷口雅春・文鮮明らである。
 文鮮明の統一教会日本支部は、岸信介の渋谷南平台私邸の敷地に建設された。


 中曽根政権が登場した1982年は、統一教会と、青年部である原理研の活動が、もっとも活発な時期で、たくさんの洗脳された若者たちが、街頭で法外な値段の花を売りつけたり、ニセの壺を売りつけたり、新体操の山崎浩子や歌手の桜田淳子が洗脳されて、問題を起こしたりと世間の注目を浴びた。


 これより以前から、勝共連合=原理研は、公選法によって選挙運動員を買収できなくなった自民党の選挙活動を買ってでるようになり、当選の見返りに議員秘書になったり、自民党有力者の推薦を受けて、官僚内部にキャリア職として入り込みはじめていた。
 行き先は、防衛・司法・文科など、思想的根幹にかかわる部署であった。


 現在、警察・検察・裁判所で、極右的な判決や、安倍政権の不正行為を摘発しないで見逃しているメンバーは、ほとんど中曽根時代に、原理研から司法界に入ったキャリアメンバーであると考えられ、今、ちょうど彼らが、組織のトップに位置していることになる。


  http://spiritcat.blog.fc2.com/blog-entry-630.html?sp
 (これは1999年のリストだが重要なリンクで、自民党は見つけ次第、消している)


 私のブログでも、安倍政権と統一教会の関係について書いたものは、私もFC2管理者も知らないうちに、勝手にブログから削除されていた。
 幸い、わずかに残っていたデータを、マイサイトに置いて公開する。
 http://tokaiama.minim.ne.jp/touitu/123touitu.htm


 私は、安倍官邸の黒子を束ねる北村滋も、当時、中曽根政権下で司法(警察庁)にキャリアとして入り込んだ文鮮明系の人物だろうと予想している。
 だから、彼の履歴を官報で検索して、三代前まで遡って国籍などを調べれば、面白い事実が浮かぶだろうと予想している。この人相は北系としか思えないのだ。






拍手

高齢者問題に解決策はあるか

「神戸だいすき」からの転載で、この筆者は妙にスピリチュアルな(つまり、信頼できない新興宗教的な)話をしたり、正体不明の陰謀論(私は、「まともな陰謀論」は大事だと思うし、政治の実態とは陰謀だと思っているが)を拡散したりという部分はあるが、かなり情報通だし、考え方もだいたい筋が通っていると思うので、よく参考にする。
下の記事などは、他者からの情報の受け売りではなく、自分の実体験に基づく内容であり、論じていることも、センシティヴなテーマだが、現在の日本であるいは一番重要性の高い問題かもしれないと思う。つまり、このまま日本の全体的貧困化と上級下級の二極分離が進んで行けば、高齢者介護のために一家心中する家庭が続出するのではないか、と私は思っている。


(以下引用)


時代のはざま

今回の新型コロナ騒ぎは、社会全体にいろいろな変化をもたらすでしょうね。


高齢者対策

電子マネー

働き方、学び方に「在宅方式」


そして、日本の政治体制に地殻変動をもたらすはず。


以前、姥捨て山のような辺鄙な場所の病院に、見舞いに行ったとき、大変静かな病室ばかりで、それは重症患者ばかりだからだったけれど、その中に、


管につながれて、しゃべることも食べることもできず、意識もあるのかないのか、ただ生かされているだけの人々のベッドが並んでいる部屋を見ました。


長い間、ただ生かされている。意識もない。見舞いに行っても、反応がない・・・次第に家族の足が遠のき、誰も来ない。
ただ医療費だけが、かかる。

人工呼吸器をはずせば、即、死亡でしょう。
点滴をはずせば、やはり、死亡でしょう。

生かされているだけ・・・この状態は、本人にも家族にも、ここまでくれば拷問だとしか言いようがない・・・それが1年も2年も3年も続くなんて!

といえば、
「こういう重度の患者を何人かもっていると、病院は経営に困らない」と言われました。

そのかげに、苦しい生活の中から法外な健康保険料を支払う人がいるのです。
私は、ぞっとしました。

何もかも間違っている。

人が生きるーとは、どういうことなのか、哲学が、まったくない。

今の日本は、本当に「生かす」「生きる」ことだけが目的で、どう生きるか、何のために生きるかが抜け落ちている。

本末転倒だとしか言いようがない。

それでも、その余裕が社会全体にあるうちはいいよ。

病院も儲かり、健康保険料が払える職があり、その病院に勤める人もいるのであれば。

まずは「労働力が不足し、病院雑務や、介護を引き受けてくれる人的資源が枯渇」
社会には、失業者があふれ、ひきこもりや働けない人が多く、不景気で健康保険料を払うのも青息吐息。
病院は、こういう患者を、優先し、本当に治療しなければならない患者がおざなりになる。重症化にむけて引っ張りがちとなる。
(私は昨年、もう少しで透析患者にされてしまうところでした。病院には、透析患者は、”安定経営のもと”でs)

そろそろ「意識もない、延命措置だけで生きている患者」の管を抜いたら殺人!という、のを、考え直そうじゃないか。という機運が起こってもいいでしょう。

邪魔だから殺せと、ウィルスをまかれるより、よっぽどいいわ。
邪魔だから、殺そうと包丁持って忍び込まれるより、よっぽどいい。

今のアホ内閣には、何も期待できないけど、世論の醸成とか、われわれにもできることがあるはずだ。

そして、電子マネー化は、支配者が誰かで、事の次第が変わるので、不安ではあるけど、時代の流れだとしか言いようがない。見守るしかないよね。

こういう風に、いろんなことが、単純化されると、あとは、それを動かす人間の責任感倫理観だけが頼りになる。

私は、財布を落としても、決して落とし主にもどらない外国人の国々で、なんで、あんなことが進められるのか、理解に苦しむわ。

あと、スマホで税の申告ができるなど、こっち方面は、ますます進むよね。

5Gの影がちらつくのは、私は不安。
今回のコロナの本当のところは5Gの盛んな都市で被害が大きいと聞けば、なおさら不安。


拍手

GDP昨年比年率マイナス6%という惨状

ネットゲリラ氏による日本経済の現況解説が簡単明瞭である。「株価が高いから経済は好調」という大嘘を馬鹿な連中は信じ込んで、ここまで来た。まあ、そもそも、「政府の自作自演の株価」を信じる時点で馬鹿である。政府自体が株(平均株価を決定する幾つかの大企業の株)を買って株価操作をしていることなど、第二次安倍政権発足当初から知られていたことだ。


(以下引用)

金の亡者が金に釣られて金の成る木を枯らした

| コメント(10)

株が高いというのはどういう意味かというと、生産活動によって生じた付加価値を、みんな企業が吸い上げて資本家に分配してしまうから。労働者が冨の分配に預かれず、結果として消費活動が衰え、社会は萎縮してしまう。ここで貧乏人にまでカネを渡せば市場は復活するんだが、欲の深い資本家は市場が低迷して稼ぎが減れば、底辺からもっともっともっと強奪して帳尻を合わせようとするので、ますます消費は低迷する。

内閣府が発表した2019年10~12月期の国内総生産(GDP)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比1.6%減り、年率換算では6.3%減少した。昨年10月の消費税率引き上げに加え、天候不順が個人消費や住宅投資を冷やしたためだ。
落ち込みは大きいが、5四半期ぶりのマイナス成長は想定内だ。懸案はここから先である。
20年1~3月期に成長軌道に復帰するという当初のシナリオは、中国発の新型肺炎の...

アベ政権下で、株価は上昇し、賃金は低下した。つまりはそいう事だ、労働者が得るべき所得は、企業の配当となって消えた。カネはどこかに貯め込まれ、使われないまま腐って行く。


拍手

人類(アジア人)削減計画

「櫻井ジャーナル」から記事の一部を転載。
ビル・ゲイツは人類削減思想(あるいは具体的な計画か)をかなり前に公言している。その対象がアジア人、特に中国人だったということだろうか。



(以下引用)




 すでに本ブログで書いたことだが、新型コロナウィルスの件ではアメリカ国防省の​DARPA​(国防高等研究計画局)やDTRA(国防脅威削減局)が注目されている。両機関は2018年からコロナウィルスのコウモリからヒトへの感染に関する研究を進めてきたからだ。DARPAと関係の深いアメリカのデューク大学が中国の武漢大学と提携、2018年にデューク崑山大学を開設していることも注目されている。



 ロシアはアメリカがロシアの周辺、つまりウクライナ、アゼルバイジャン、アルメニア、カザフスタン、キルギスタン、モルドバ、タジキスタン、ウズベキスタン、ジョージアで細菌兵器の研究施設を建設していると批判してきた。



 カザフスタンやキルギスタンは中国の周辺国でもあるが、それだけでなく、アフガニスタン、パキスタン、台湾、フィリピン、韓国、そして日本にもアメリカ国防総省の影響下にある細菌に関する研究施設が存在しているというが、​アメリカの関与を疑わせる事実はそれにとどまらない​という指摘がある。



 例えば、​「弱毒化されたコロナウィルス」に関するアメリカの特許​が2018年に認められている。特許を申請した​ピルブライト研究所の主要出資者​はWHO(世界保健機関)、EC(欧州委員会)、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金など。



 また、2019年3月にはカナダのNML(ナショナル細菌研究所)から中国へ非常に毒性の強いウィルスが秘密裏に運ばれ、中国当局から抗議され、7月にはそのNMLから中国人研究者が追い出される。



 10月にはジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターが世界経済フォーラムやビル・アンド・メリンダ・ゲイツ基金と共同でコロナウィルスの世界的流行のシミュレーションをするために集める。この会合にコロナウィルスによる病気と関係の深い中国人は招かれなかったが、アメリカ軍の幹部やネオコンが参加した。



 会合の翌日、軍事演習に参加するために300名のアメリカ軍将兵が武漢に到着、その2週間後にコロナウィルスの最初の感染が見つかる。新型コロナウィルスの潜伏期間は14日だ。






拍手

「老人の大量死」は政府の歓迎するところか

「神戸だいすき」ブログのコメントのひとつだが、赤字にした部分は、案外的を射ている気がする。例の「種子法」など、明らかに、家庭菜園(個人農業)潰しだろう。
今回のコロナウィルスへの政府の微温的というか、ほとんどホッタラカシの対応は、案外、年金問題が底にある意図的な「老人殺し」ではないか、というコメントなどもあり、なかなか本文もコメントも面白い部分がある記事であった。




(以下引用)


  • 8. 沖縄住まい
  • 2020年02月17日 09:12
  • 引退した方は家庭菜園程度でも農業をやったらいいのになぁ…なんて考えたりします。
    そうしたら、ただの老人から《生産者》になり、身体も動かすから健康になるし毎日やることはあるし出来た野菜を配るなり売ればやりがいも繋がりも生まれます。そもそも土に触れるって、ものすごい健康効果がありますし。

    私の島ではそうしたシニアが多いです
    (^-^)/
    忙しい子育て世代からしたら無農薬の野菜が手に入って助かりますし、子供の健康にも良いです◎

    内地は沖縄より土も柔らかく肥えているので農業しないのは勿体ないですよ。

    都会では土地が無いでしょうけど、地方は耕作放棄地が増えてきてるし、そうした土地を生かせる手立てにもなると思うんですけどね。

    ただ、食糧を生産して自立されてしまうと経済が回らなくなるとか考える輩は邪魔してくるでしょうね。

    賢く立ち回りたいものです。


拍手

風邪やインフルエンザの患者は大人しく家で寝ていろ

まあ、下の記事あたりが妥当で有益なのではないか。要するに、(実は信頼できる治療法もないし、ほとんどは重症化しないのだから)患者は外出などせず家で寝ていろ、という話である。風邪だろうがインフルエンザだろうがコロナウィルス患者だろうが、家で寝て静養すればいいだけのことで、それを無理に勤務したりさせたり登校したりさせたりする、「ブラック社会」が問題なのである。患者が病院に行くのも本当は病院も迷惑だろう。だから、検査を断られたという話もよく聞く。


(以下引用)






神戸新聞NEXT © Copyright(C) 2020 神戸新聞社 All Rights Reserved. 神戸新聞NEXT

 中国を中心に感染が広がる新型コロナウイルス。国内でも複数の感染者が確認され、死者が出ています。また、感染経路の判然としないケースもあるなど不安が広がっています。ワクチンや治療薬は完成するのでしょうか。現状で判明していることをまとめました。(篠原拓真)


■武漢で昨年12月初確認 感染源は不明


 コロナウイルスにはこれまで、風邪の原因の10~15%を占める4種類と、動物から感染し重症肺炎を起こす二つのウイルスがありました。


 2019年12月に中国・湖北省武漢市で新たに発生が確認された新型コロナウイルスはその宿主動物が分からず感染源は不明です。市内の市場関係者で感染が多数報告され、そこで販売された動物が原因ではないかという推察もあります。


 中国以外で感染が判明しているのは27の国と地域。感染患者の大半は中国ですが、感染者数は6万6千人超、死者も1500人超となっています(2月15日午前時点)。


 世界保健機関(WHO)は1月31日に「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と宣言。2月11日には英語表記略と発生年を組み合わせ「COVID(コビッド)19」と命名し、各国に警戒を呼び掛けています。


■発熱や倦怠感、せき 悪化すると肺炎に


 主な症状は発熱や倦怠(けんたい)感、せき、呼吸が苦しくなるなどで、悪化すると肺炎を引き起こします。厚生労働省は、感染による肺炎患者の3分の1から2分の1に糖尿病や高血圧などの持病があったという報告を例に、そうした病気がある人や高齢者ではリスクが高くなる可能性を指摘しています。


 現時点で考えられる感染方法は「飛まつ感染」と「接触感染」です。前者はくしゃみやせきなどとともにウイルスが飛び出し、近くにいる人の目や鼻、口の粘膜に付着し感染します。飛まつする粒子が大きいため、空気中に長くとどまることができず、飛距離は1~2メートルほどで、長時間浮遊する「空気感染」とは異なります。


 接触感染は、くしゃみやせきを押さえた手で人や物に触れるなどして広がります。電車やバスのつり革、手すり、ドアノブ、エレベーターのスイッチなどを通じた感染が考えられます。


 感染確認には検査が必要で、原則として次の要件に該当する場合です。


 (1)37.5度以上の発熱や呼吸器症状がある。


 (2)発症前14日以内に中国・湖北省と浙江省に渡航や居住をしていた人、それらの人と濃厚接触した人。もしくは感染者と濃厚接触をした人。


 国立感染症研究所は、感染が疑われる人と同居か長時間の接触があった人▽たんや体液などに直接触れた可能性が高い人-などを濃厚接触者と定義。厚労省は、対面会話が可能な距離(目安は2メートル)で接触した人を例に挙げます。


 該当者は保健所などに設置された「帰国者・接触者相談センター」に連絡し、その指示に従って医療機関で診察・検査を受けることになります。該当しない人が近くの医療機関を受診する場合も事前に連絡してから、受診する方がよいでしょう。


 検査は主に県立健康科学研究所(兵庫県加古川市)などの地方衛生研究所で行われます。感染症法に基づく「指定感染症」などに指定されているので、疑いのある人や感染患者が入院する際の医療費は原則公費負担とされています。


■ワクチン「開発に1年半」 予防には手洗い有効


 治療を巡り、国立国際医療研究センターなどでエイズウイルス(HIV)の治療薬を投与した結果、病状が改善したという報告がありましたが、効果の裏付けは明確ではありません。現時点では「特に有効なウイルス薬はなく、対症療法を行う」とされています。


 ワクチンについては、WHOのテドロス事務局長が会見で「開発には18カ月(1年半)を要する」と指摘。「利用できる武器を使い、ウイルスと戦わなければならない」と話しました。


 感染拡大を防ぐため、せっけんやアルコール消毒液などによるこまめな手洗いをしましょう。厚労省は人混みの多い場所を避けるなどの注意も促します。予防のためにマスクを着用する人もいますが、WHOは「感染症拡大を抑止する助けにはなるが、せきやくしゃみなどの症状がない人には必要がない」としています。ただ、看病をする人、治療にあたる医療従事者についてはマスク着用を推奨します。


 神戸市保健所予防衛生課は「マスクを手で触るなどすると感染のリスクを高める可能性さえある」と説明。「過剰に心配せずに通常のインフルエンザと同じように対策を心掛けてほしい」としています。







拍手

Clear