忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

「東大卒」で「官僚」上がりの国会議員

数合わせで集めた議員にロクな連中がいないことは小泉チルドレン、橋下チルドレン、安倍チルドレンなどで散々経験してきたはずだのに、今度もまた小池チルドレンに票を投じるという選挙民の頭の悪さが、日本をどんどん低劣にしていく。まあ、「日本人の精神年齢は12歳」はまだ過大評価だったのではないかwww
安倍チルドレンの質の悪さが現在の自民党の質の悪さそのものなのだが、稲田を抜いてその代表に一躍名乗りを上げたのが豊田真由子議員だろう。とにかく、性格の悪さが群を抜いているようだ。これが東大卒、高級官僚上がりの議員様、というのだから、それを選挙で選んだ日本人がいかに肩書に弱いかが分かる。
彼女の言動を見るかぎりでは、学校の勉強ができただけのことで、地頭は相当に悪いのではないか。そうでなければ、こんな愚劣な言行はしないだろう。
なぜこういう連中が議員になりたがるかと言えば、当然カネと権力のためである。

国会議員は、無給で、何の特権も無い名誉職にし、汚職に厳しい罰則を作ったら、誰ひとりやらないのではないかwww  まあ、与党に関しては、だが、野党の中の偽野党も同様だ。


(以下引用)





豊田真由子」ヤメ秘書たちの座談会 「裏では『ああいう底辺の人は……』と」

7/5(水) 17:00配信


デイリー新潮


 初当選からの4年半で、およそ100人の秘書たちが豊田真由子代議士(42)の事務所を辞めたという。彼らは皆、程度の差こそあれ彼女のパワハラの被害者だ。ヤメ秘書たちの証言によれば、これまで明らかになった被害は氷山の一角に過ぎず……。

[音声]〈チョギ!〉豊田氏の未公開音声

 ***

――豊田代議士を一躍有名にした「このハゲーーーーーっ!」の暴言。こうした台詞を吐かれたのは、件の男性秘書だけではないようだ。

ヤメ秘書C「私も豊田に、『あんたのその態度は、育ちに何か問題があるからよ。どっかで診てもらったほうがいい』と言われたことがある。そのままの言葉を、豊田にお返ししてあげたかったね」

ヤメ秘書B「口癖が『世の中、ホントにバカばっかり』。基本、彼女は自分以外、周りはアホだらけと、誤った選民意識を持っているんです」

C「国会では『弱者のために』みたいなことを言っていますが、差別意識の塊ですよ。平気で『ああいう底辺の人は……』という言い方をしますからね」

ヤメ秘書D「彼女は厚労省出身だから、障害者施設を回る機会も多い。そうやって、表向きは弱者に寄り添っている風を演じる。でも、裏では全く違います。なにしろ、そういう施設で障害者が作ったお菓子なんかをもらって帰ってくると、『こんなの、中に何が入ってるか分かったもんじゃない!』とか言って、絶対に口をつけようとしませんからね。この行動が、彼女の全てを物語っています」

――豊田事務所は、こうした声を否定するのだが……。

 ***

 匿名のヤメ秘書たちからは、他にも「人手不足で秘書は3、4時間睡眠」「議員に友だちがおらず昼食は“ぼっち飯”」「食べ残しを『食え』と強要された」といった証言が。7月6日発売の「週刊新潮」にて全文を掲載すると共に、未公開の絶叫音声も公開する。

「週刊新潮」2017年7月13日号 掲載


拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear