忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

どんどん地獄化する日本

「ギャラリー酔いどれ」から転載。
何度も書いているが、国会両院で自公政権に過半数を取らせた以上、どんな非道なことが国会決議されようが当然の話で、このまま日本はどんどん地獄化していくしかないだろう。

問題なのは、若い人たちがこの状態に対してほとんど無抵抗どころか、安部支持さえしておけば自分だけは安全じゃね、と決め込んでいるように見えることだ。時々マスコミやネットに取り上げられる「反安倍」の若者の発言を、多くの若者はむしろ冷笑しているのではないか。
もしそうならば、こんな国は滅んでしまっても仕方がない、と思うのだが、私にも子供はいるし、いずれ孫もできるかもしれない。その子や孫に地獄化した国を残したくないと思う。


(以下引用)


◆http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-29/2018062902_03_1.html
しんぶん赤旗  2018年6月29日
経済・食料主権 の侵害
 TPP11法案可決 田村氏が反対討論



米国を除く 環太平洋連携協定(TPP11)関連法案は、

28日の参院内閣委員会で、日本共産党などの反対を押し切って

採決に付され、自民・公明の与党と日本維新の会の賛成多数で

可決されました。

法案には、日本共産党、国民民主党、立憲民主党、希望の会(自由・社民)
が反対しました。

共産党の田村智子氏は 反対討論で、

政府側は交渉のメモの存否さえ明らかにしないなど

審議はまったく尽くされていない と採決に厳しく抗議。

多国籍企業の利益のために、我が国の 経済主権や食料主権を侵害する

協定の批准は 断じて認められない
と主張しました。

田村氏は、TPP11は 米国の離脱意向、

カナダやニュージーランドが 対日輸出の大幅増を見込んでいるとして

「TPP協定よりも 深刻なダメージを受ける危険性がある」と指摘。

米・麦・牛肉などの重要5品目さえ 段階的な関税撤廃の対象だとして

「明確な 国会決議違反」だと述べました。

また、農林水産物の輸入がどれだけ増えるかの試算さえ行わず、

「農家所得も食料自給率も 変わらない」という主張の根拠も示されず

「あまりにも無責任」と批判。

多国籍企業の利益追求から 国内産業や自国民を守るルール構築へ

かじを切り替える よう求めました。

希望の会の山本太郎議員は 30分余にわたり反対討論を展開。

自民党議員がうなずいて同意する場面もありました。

拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear