忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

南北朝鮮の統一?

「夕刊フジ」つまり右翼新聞である産経新聞傘下の右翼ゴシップ新聞の記事だから、そのつもりで読めばいいのだが、面白いのが、前回取り上げた記事と用語や内容がよく似ていることだ。
書いた人間が同じなのか、それともネトウヨは同じ発想になるのか分からないが、文氏を「極左」「反日」と決めつけている。与党野党含め、反日でない韓国政治家などいるのかwwww

日本の場合なら、極左(共産主義者へのレッテルとして右翼は使っている。)なら反日である、というのがネトウヨの常套的な論法だが、それもまた従米売国右翼がまるで愛国者であるかのような妙な話だ。それに今どき、「赤化」(共産主義化)という言葉を使うこと自体、思考が化石的である。
「共産主義」はこの場合、韓国の政情とまったく関係は無いだろう。北朝鮮が共産主義国家であるかどうかも私は疑問に思っている。あれは金一家の私物国家にすぎない。

そもそも、韓国の人間が「反日」であるなら、それは韓国人としては「愛国者」であることにならないか。日本のネトウヨがたいていは「反韓」であり、彼らが自称愛国者である以上、韓国人が「反日」であることと「愛国者」であることは矛盾しないことになる。その「愛国心」が他国には迷惑だとしても、それはお互いさまである。
それに、韓国の人間が兄弟国の北朝鮮との「国家統一」を望むのは自然な人情だろう。たとえば第二次大戦の敗戦後に日本が東半分はソ連に、西半分はアメリカに支配され、分断国家となっていたら、東日本と西日本の人間はお互いに憎み合わねばならないのか。

まあ、正直言って朝鮮半島情勢などに私はたいして興味も無いが、韓国の政情についてのネトウヨの狂騒ぶり、その論説の非論理性が面白いので話題を取り上げただけである。韓国情勢はさすがに、安倍森友加計問題のスピンではないだろうからこの話題が広がっても(スピン効果が上がるという)実害は無いだろう。
私としてはむしろ、南北朝鮮が統一されたらどうなるか、興味がある。国民がはたして北の「疑似共産主義」を選ぶか、南の「新自由主義的資本主義」を選ぶか、壮大な実験になる。どうせ他国のことだから、日本にとっては高みの見物である。

まあ、南北朝鮮の対立を利用して私腹を肥やし、権力を維持してきた層(ユダ金、CIA,自民党、日本の上級国民)にとっては、南北統一は避けたいことだろうから、下のような記事もせっせと書かせているのだろう。




(以下引用)

朴氏失職で韓国「内乱」の雰囲気 「赤化」で日米韓同盟破綻…次期大統領選は文氏有力

夕刊フジ / 2017年3月13日 17時12分


 韓国の「赤化」がいよいよ止まらなくなりそうだ。朴槿恵(パク・クネ)大統領の罷免を受けて行われる次期大統領選挙で、最大野党「共に民主党」の前代表で、「従北」「反日」の極左候補、文在寅(ムン・ジェイン)氏が独走を続けているのだ。北朝鮮の脅威に対抗する日米韓同盟は早晩、破綻の危機を迎える可能性がある。日本が新たな「朝鮮半島危機」に対峙(たいじ)していく事態も想定される。


 初の大統領罷免という衝撃の結果に、韓国国内は「内乱」のような雰囲気となった。憲法裁判所周辺では警察官約2万人が厳戒態勢を敷いた中、憲法裁の決定に怒りを爆発させた朴氏支持派が機動隊と衝突した。消防や警察によると、76人が負傷し、2人の死亡を確認。被害は報道陣にもおよび、共同通信の韓国人男性カメラマンが暴行を受け、頭部に全治2週間のけがを負った。死者がさらに増えたとの報道もある。


 騒ぎは国外にも広がった。「朴槿恵の弾劾を求める南朝鮮人民の大衆的闘争が力強く展開された中、10日、『憲法裁判所』が朴槿恵弾劾を宣告した」。憲法裁の宣告から間もなく、北朝鮮の朝鮮中央通信が報じた。


 韓国の聯合ニュースは「報道は憲法裁が罷免を宣告してから約2時間20分後に出た。北朝鮮メディアが韓国の国内問題についてこのように迅速に報じるのは異例」と指摘した。


 北朝鮮メディアがはしゃぐのも理解できなくはない。対北朝鮮強硬派だった朴氏が大統領の座から引きずり下ろされ、ポスト朴氏の最右翼が北朝鮮に宥和的な文氏だからだ。韓国紙、中央日報(日本語版)によると、文氏は10日、フェイスブックで「大韓民国はこの新たな驚くべき経験の上でまた始まる」と主張したという。すでに大統領になったかのような発言にも聞こえるが、次期大統領レースで独走中なのだから無理もない。


 世論調査会社の韓国ギャラップが同日に発表した調査によれば、文氏は32%で首位を維持し、2位の安煕正(アン・ヒジョン)忠清南道(チュンチョンナムド)知事に15ポイント差をつけている。


 文氏は1953年に生まれ、朴氏の父、朴正煕(パク・チョンヒ)氏が大統領を務めていた時代には、政権に反対する民主化運動で投獄された。82年に盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領と法律事務所を設立し、盧政権では大統領秘書室長などの要職を務めた。


 秘書室長だった2007年、文氏が国連の北朝鮮人権決議案が採択される前に北朝鮮の意見を求め、韓国の決議を棄権させていたことは有名だ。この疑惑は昨年、元外交通商相の回顧録で暴露されたが、朴氏のスキャンダル発覚に伴い、かき消された。一体、文氏とはどんな人物なのか。東京基督教大の西岡力教授が次のように解説する。



 「思想的には反日、従北だが、それ以前に反韓自虐史観の典型的な持ち主だ。『戦後の韓国の歴史は、親日派をきちんと清算しなかった汚れた歴史だ』という歴史観を持っていて、『その清算をしなければ韓国はまともな国になれない』という趣旨の発言をしている」


 前回の2012年の大統領選でも反日的な訴えをしていた文氏だが、今も反日ぶりは変わらない。慰安婦問題をめぐる日韓合意や日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の見直しを掲げている。


 反米的な考えの持ち主でもある。北朝鮮に備え、今月に韓国で配備が始まったばかりの米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備延期を求めている。大統領になったら、米国より「北朝鮮に先に行く」と発言したことでも知られる。


 西岡氏は「文氏が大統領に就任したらすぐに平壌に行って、北朝鮮との連邦制による統一について、実務協議を始めようということになるだろう。そうなると、トランプ米大統領との関係が悪くなり、トランプ氏が『在韓米軍撤退』ということを言うかもしれない。延期されていた戦時作戦統制権の韓国への移管も行うだろうから、米韓連合司令部は解体し、米軍の地上部隊は韓国から引き上げるのではないか」と危惧する。


 文氏が平壌を訪問し、連邦制による統一が進むという流れになれば、韓国の自由民主主義を守るため、保守派の徹底的な抵抗も予想される。だが、最悪の場合には半島全体が反日勢力に染まり、日本の防衛ラインは対馬沖まで後退する恐れもあるという。


 日本はどう備えるべきか。西岡氏は「韓国という緩衝地帯がなくなれば、共産主義陣営に日米韓で対抗していたのが日米だけになり、日本は直接対峙することになる。軍事費を増やして抑止力を高めるしかない。憲法を改正して国軍を持つということも必要だろう」と語る。


 韓国の騒ぎは対岸の火事ではない。日本も危機の一歩手前に立たされている。








拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear