忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

情けは人のためならず、自分のためでもある

これまで北朝鮮をあれほど敵視していた安倍政権が、北朝鮮の非核化と経済発展のために(トランプの命令で)カネを出す羽目になりそうなのは喜劇的ではあるが、もちろんそのために日本国民が経済的に損害を受けるのは痛いことは痛い。しかし、安倍政権が日本国民のためにカネを使ったことはもともとほとんど無いのだから、北朝鮮という国の国民の生活がそれで少しでも良くなるとしたら、このカネの使い方は、私としては反対ではない。もちろん、それによって軍事的緊張が緩和されるのだから、軍事費を大幅削減すればいいwww
まあ、自分の家だけが良ければそれでいいというのではなく、近隣の家が貧困に苦しんでいるのなら、一食を我慢して、その家族を飢餓から救うのもいいことだ。ちなみに、これは「若草物語」の一エピソードである。




  1. アメリカは北朝鮮の体制を保障し、北朝鮮を敵視しないことで、米国は北朝鮮の核の脅威とは無関係になった。北朝鮮問題は完全にアジアの問題となり、北朝鮮の非核化と経済発展のための費用は韓国・中国・日本が出せばいい。米国とは無関係というトランプの意図丸見え。ビジネスで割り切るトランプ外交。



  2. え、なんで日本がカネ出すことになってんの?
    安倍なにしてんのマジで。
    なんの成果も見せ場もなくただのATM扱いじゃん。
    完全に舐められてる。
    ここまでコケにされることってなかなかないよ。

    日韓が北朝鮮への経済支援の用意と米大統領 | 2018/6/12 - 共同通信




拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear