忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

日本国民はもはや3.11の死者たちを忘れたのか

「ギャラリー酔いどれ」から転載。
「新ベンチャー革命」管理人氏の推理は合理的だと思う。空母ロナルド・レーガン乗員の集団訴訟に対し、東電が平然と構えていること、米国政府がこの訴訟に冷淡であることの意味は、3.11が日本近海での「戦争屋」たちの原爆を利用した人工地震・人工津波だ、ということはかなり蓋然性が高いのではないか。あまりに巨大な犯罪であるため、誰もが、まさかそんなことが有り得るはずがない、と思うところが付け目なのだろう。
そして、そういう「戦争屋」の末端が安倍総理であり日本会議であり小池百合子なのである。
その自民党や公明党や維新や希望などに投票することがどういうことか、日本国民は分かっているのだろうか。



(以下引用)


当ブログ、幾度となく既報ですが、

◆https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36975789.html
新ベンチャー革命 2017年10月9日 No.1815
米国戦争勢力寄りの読売・日テレが、
 米空母ロナルド・レーガン乗員の深刻な集団被曝の実態を放送したが、
 なぜ、2017年10月9日午前1時だったのか?:
 この集団被曝事件は 3.11事件の真相を暴くトリガー だからか



1.3.11地震津波発生の際、トモダチ作戦を展開した
  米空母ロナルド・レーガンの乗員被曝のドキュメンタリーを
  あの読売系日テレが放映したのはなぜ?


2017年10月9日午前1時、日テレは3.11事件時、トモダチ作戦を展開した
米空母ロナルド・レーガンの乗員が大量に集団被曝し、
すでに9人も被曝症で亡くなっている悲惨な実態を記録した
ドキュメンタリー番組を放映したそうです。

本件、本ブログではすでに何回も取り上げています。

ところで、日テレは読売系ですが、産経と並んで日本を代表する
親・米国戦争屋系の悪徳ペンタゴン・マスコミのひとつ
です。


その日テレはなぜ、あえて、この番組を放送したのでしょうか、

なぜそう言う疑問が湧くかと言うと、この米兵被曝問題を追及していくと、

3.11事件の真相が 暴かれる可能性があるからです。

あの読売・日テレが、日本を乗っ取る米戦争屋に不利な報道するはずがない

のですが、実に不可解です。


2.米軍関係者が、日本の親米派に
  圧力を掛けて番組をつくらせた可能性がある


なぜ、親・米戦争屋の読売・日テレは、米戦争屋に不利なこの番組を
つくったのでしょうか。

おそらく、米軍関係者が親米マスコミの読売に
この番組をつくるよう要請したのではないでしょうか。

そう言えば、昨年も、隷米の極みであった小泉元総理に、
今回と同じような要請を米国サイドの誰かが行っています。

しかしながら、米兵被曝者組織の訴訟相手である肝心の東電は実に、

冷淡で素っ気ない態度を取り続けています。

また、他の日本のマスコミも、この問題をあえてスルーしてきました、

TBSを除いて・・・。

しかしながら、米兵被曝者の被害は拡大する一方であり、もし、

これを米マスコミが取り上げたら、それこそ大変なことになります。

このことを読売・日テレも知っており、米軍関係者のカオを立てて、

上記の番組をつくったものの、故意にあえて深夜に放送して、

この報道が日本中に拡散しないよう配慮したのではないでしょうか。


3.米空母レーガン乗員の集団被曝問題は、9.11事件の集団被曝問題同様に、
  決して米マスコミが報道しないのはなぜ?


さて、米マスコミはなぜか、上記、米空母レーガン乗員の集団被曝問題を

取り上げません、日本に遠慮しているのでしょうか、

否、彼らに限って、そんなことは絶対にありません!


米マスコミは 日本を乗っ取る米戦争屋を含む米国寡頭勢力に
支配・所有されていますから、
  
米寡頭勢力に不都合な情報は決して報道しないのです、

と言うことは、米空母レーガン乗員の集団被曝の報道は、
米寡頭勢力にとって不都合ということになります。

さて、上記、3.11事件での米空母乗員の集団被曝と並ぶ、

もうひとつの集団被曝事件、それは、
9.11偽旗テロ事件における救助隊員などの集団被曝事件です。

こちらは25,000人もの被害者がいると言われています。

にもかかわらず、米マスコミはこれを一切、報道しません、
一部のマイナーなネット・マスコミを除いて・・・。

要するに、3.11事件の集団被曝事件も、9.11事件の集団被曝事件も、

米マスコミを支配する米寡頭勢力(米戦争屋含む)にとって

不都合な真実なのです。


4.米空母レーガン乗員の深刻な被曝が東電福島原発事故に由来する
  のであれば、なぜ、福島県民に深刻な集団被曝症が出ていないのか


ここで、大きな疑問が湧きます、

トモダチ作戦に出動した米空母レーガン乗員が上記のような深刻な被曝症を

起こしているなら、福島原発にいた東電社員や周辺住民にも

同様な深刻被曝症が出ているはずです。

しかしながら、福島の子供に甲状腺ガンが出ている以外に、

レーガン乗員ほどの深刻な被曝症は報告されていません。

そこで本ブログでは、レーガン乗員の集団被曝は、東電福島事故原発由来ではなく、

レーガンが3.11事件直後に停泊していた三陸沖海域に

被曝の原因となった高濃度の放射性プルームが存在していた
と観ています。

☆https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/33665454.html


米戦争屋を含む米国寡頭勢力にとって、

レーガン乗員の集団被曝を世界に公表すると、それはヤブヘビとなって、

結局、3.11事件が、9.11事件同様に、小型核兵器を使った偽旗テロである

ことがばれてしまうのです。

そう観れば、5450億円もの賠償金を要求されている東電が

平然としているのはなぜか、そのワケが見えてきます。

ちなみに、本ブログでは、東電幹部は、3.11事件の真相を知っているのではないか

と観ています。その証拠に、今の東電幹部は

日本政府に対しても、日本国民に対しても、そして福島地元の被害者に対しても、

あまり責任を感じていないように見えます。

そのように観ると、福島事故原発の廃炉処理すらできていないのに、

東電があまりに堂々と 柏崎刈羽原発の再稼働を 日本政府に許可申請しているのは

なぜかが 見えてきます。


拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear