忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

「愛について語るな、お前の愛を」

Never seek to tell thy love

Never seek to tell thy love
Love that never told can be
For the gentle wind does move
Silently,invisibly

I told my love,I told my love
I told her all my heart
Trembling,cold,in ghastly fears
Ah! she doth depart

Soon as she was gone from me
A traveller came by
Silently,invisibly
He took her with a sigh

( William Blake)



 「愛について語るな、お前の愛を」

愛について語るな、お前の愛を
語ることのできない愛もある
優しい風が動くように
静かに、目にも見えず

私は語った、私の愛を
心の限りを私は彼女に告げた
震えながら、凍えながら、蒼ざめた恐怖とともに
おお、あの人は去った!

あの人が去った後
一人の旅人が訪れ
静かに、目にも見えず
溜息とともに
あの人を永遠に連れ去った

      (ウィリアム・ブレイク)


ウィリアム・ブレイクの謎めいた詩である。最後の連の「旅人」が何者なのかは、不明であるらしい。私の解釈では「時」だと思うのだが、そのまま正体不明の旅人にしておくのがよいだろう。
訳は原詩を少々アレンジしてあり、ブレイクの詩に基づく二次創作に近い。というより、私の語学力ではこの程度の訳にしかならないということだ。なお、新倉俊一氏の本では、原詩には句読点がもっと入っていたが、朦朧とした雰囲気を高めるために、句読点の大半は省略してある。

拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Clear