忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

巷に雨の降るごとく

*私の持っている白鳳社の「名訳詩集」の中にはいい詩がたくさんあるが、その中には、文体が古すぎて、現代人には良さがわからないものもまたたくさんある。かつての名訳も、現代人には「訳の訳」が必要な時代になってきたということだろう。そこで、そうしたかつての訳を私が更に現代風に変えて訳してみる。原詩はもちろん読めないから、誤訳になる可能性も高いが、なに、名詩が少しでも多くの人の目に触れることの利益にくらべたら、ささいなことだ。私の訳が不満なら、誰でも訳し直せばよいだけである。


 「町に雨が降るように」 (ポール・ヴェルレーヌ)

町に雨が降るように
俺の心にも雨が降る。
心の底ににじみ出る
この寂しさは何だろう。

大地に、家の屋根に降る
雨の音のひそかさよ。
寂しい心に響く
雨の音、雨の歌。

悲しみと愁いに満ちたこの心に
理由もなく雨が降る。
恨みの心があるわけじゃない、
嘆きの理由があるわけじゃない。

恋も憎しみもないのに
どうして俺の心が
こんなに苦しいのか
それがわからぬのが、俺には苦しいのだ。

拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Clear