忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

蝿(ウィリアム・ブレイク)

例によって、名詩の日本語訳のそのまた現代語訳である。
過去の訳詩が文語であっても、変えようのないものもある。たとえば、上田敏によるカール・ブッセの「山のあなた」やブラウニングの「春の朝」などは、もともとの詩よりもすぐれているのではないか。それほど知られてはいないが、森鴎外訳の「トゥレの王」や「物見に生まれて」なども、動かしようの無い訳だ。それ以外の翻訳者をおとしめる気はないが、現代人にはとっつきにくい訳もたくさんある。難語や雅語を駆使した苦心の訳も、今ではただの骨董品になっているのである。
屋上屋を重ねるような無駄な作業には見えても、そうした訳詩を再度訳すのは、無意味な仕事だとは思わない。
で、今日は「虎よ、虎よ!」などで知られるウィリアム・ブレイクの「蝿」という、あまり知られていない詩である。

   蝿

あわれな小蝿よ
私のこころない手が今
お前の夏の戯れがうるさくて
打ち払ったのだ

だが私も
お前に似た小蝿の身ではないだろうか?
お前もまた
私に似た人の身ではないだろうか?

私も飲み、踊り、
また歌いはするが、最後の日には
十把一絡げに打ち払う闇の手が
私の翼を打ち払うだろう

思慮や判別こそが
命であり力であり
思慮しないこと、判別できないことが
死であるならば

それならば私の身は
実に幸いに満ちた小蝿であろう
生きるにせよ、死ぬにせよ
それはどちらでもいいことだ

   (ウィリアム・ブレイク)

拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Clear