忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

5年前10年前の自分の醜い行為との対面

別のツィッターで読んだ言葉だが、いじめられた方は、相手が死にでもしない限り、いじめた相手のことを許せない、という。いじめる方は軽い気持ちかもしれないが、いじめられた方はそれくらいの気持ちであることを忘れるべきではない。特に、子供の頃は「心が狭い」わけで、目の前の現実が世界のすべてなのである。その世界で自分の前に立ちはだかるいじめという壁が、いかに巨大で地獄のようなものか、想像できない人間だからこそいじめをやるのだろう。
だが、その結果、相手に永遠に恨まれるのである。
自分の行為が5年後、10年後に自分の前に立ち現れるのである。


(以下引用)

まとめ

  • うりぼー @okame83 2017-04-02 09:59:44
    ずっと忘れられなくて、3月〜4月の卒業・入学・入社の季節になると特にそれを思い出す。 もうずいぶん前のことだけど、今「ある境遇」にいる人達には大切なことだと思うから言っておきたい。
  • うりぼー @okame83 2017-04-02 10:01:07
    @okame83 10年以上前のことだけれど、地元のある美容室に行った時のこと。その美容室は従業員が沢山いる有名チェーン店。(今もある店なので名前は伏せます) 私が店を訪れ、若い男性のアシスタントさんにシャンプーをされている時、突然「帰ります!!」という女性の声が店内に響いた。
  • うりぼー @okame83 2017-04-02 10:03:51
    @okame83 「なにごと!?」とびっくりしたけど、シャンプー中で様子がわからない。女性の「最悪!二度と来ません!」という声と、スタッフの「落ち着いて下さい」というやり取りにドキドキしながら寝そべっているしかなかったのだけど、ふと気づくと私のシャンプーをしていた男性がいない。
  • うりぼー @okame83 2017-04-02 10:08:44
    @okame83 「あれ?どこ行っちゃったの?女性が暴れてるとか?スタッフ総動員?」と不安になる私。そこへ聞こえて来た、恐らく泣きながら大声を出す女性の声。 「あんた、高校の時私に何したか覚えてるの!?私のことさんざんイジメといて、よく何もなかったような顔してられるよね!最低!」
  • うりぼー @okame83 2017-04-02 10:15:24
    @okame83 店内はもう静まり返ってしまって、従業員もみんな黙ってしまった。 顔にかけられたガーゼを取って、恐るおそる顔を上げると、女性は従業員の一人に向かって「私ずっと忘れてないから!あんたが忘れても、あんたにされたこと一生忘れないから!」と言っていた。顔を真っ赤にして。
  • うりぼー @okame83 2017-04-02 10:20:21
    @okame83 なんだか大変な現場に出くわしてしまったと思うと同時に、女性の気持ちと従業員の気持ちを考えてしまって、胸が痛かった。 「この春入ったスタッフ」としてアシスタントについた従業員が「昔自分をいじめていた人」だった女性。 自分の髪を触る「あいつ」に気づいた時の気持ち。
  • うりぼー @okame83 2017-04-02 10:22:40
    @okame83 対して、「専門学校を卒業し晴れて就職、新人として一生懸命頑張っているところへ昔いじめていた人がお客さんとしてやってきた」従業員の気持ち。 「すみませんでした…」と、声を絞り出すように謝る従業員に「許さない」と叫び続ける女性。
  • うりぼー @okame83 2017-04-02 10:25:46
    @okame83 女性は元々その店の常連だったのか、店長が「とりあえず従業員は奥へ行かせますから落ち着いて」と説得している。 でも女性はカット途中の髪のまま、「店長さんには悪いけど、もう二度と来ません。こいつに何をされたか、私は一生忘れません」と言って、泣きながら店を出て行った。
  • うりぼー @okame83 2017-04-02 10:29:22
    @okame83 叩きつけるようにお金を置いて、ひったくるようにバッグをとって、女性は行ってしまった。真っ赤になった横顔から、興奮度合いが伝わってきた。 あまりの空気に、待合室で待っていたお客さんが二人「キャンセルで」と帰ってしまった。 その後は沈黙。お通夜どころじゃない暗さ。
  • うりぼー @okame83 2017-04-02 10:32:29
    @okame83 店長が「お騒がせしました」と客の一人ひとりに謝って回り、なんとなくみんな察して、店内はぎこちないながらも何事もなかったかのように元に戻った。 私のシャンプーへ戻って来た男性は「すみません」と一言謝って、心の乱れそのままといった感じの、割と雑なシャンプーをした。
  • うりぼー @okame83 2017-04-02 10:37:41
    @okame83 女性は、さっぱりといい気分で帰るはずの場所で「忘れたいのに忘れられない記憶」を一気にぶつけられて激昂したんだと思う。 従業員は「昔のこと」と突然向き合うことになり、しかもそれが職場で人前で、もうどうしたらいいかわからなかったんだと思う。何とも言えない空気だった。
  • うりぼー @okame83 2017-04-02 10:39:46
    @okame83 過去のことに縛られて云々とか、謝る機会がなかったとか、そういう話ではなくて。 いじめやパワハラをしている人は、「今の自分」と「五年後の自分」は別人ではないとわかってほしい。「人はいつでも変われる」。それは一理あるけど、「あなたが言ったこと・したこと」は消えない。
  • うりぼー @okame83 2017-04-02 10:43:58
    @okame83 私は母から「今と十年後は繋がってるのよ。今の努力も失敗も、十年後や二十年後に繋がってるのよ」と言われてきた。繋がっているからこそ努力する、繋がっているからこそ諦める、忘れる、忘れない。人生は意外と長い。幸せを掴んだその時に「5年前の自分」に蹴落とされないように。
  • うりぼー @okame83 2017-04-02 10:46:53
    @okame83 それは「いじめっ子の保身」であって、「人を思いやっている行為ではない」のかも知れない。 でもみんなが「果たしてこれは十年後の自分の足を引っ張らない行為だろうか。自分の大切な人が見たら何と言うだろうか」と考えたら、あんな出来事は起こらないと思う。
  • うりぼー @okame83 2017-04-02 10:52:36
    @okame83 客と従業員という、ある意味上下のある関係で「許さない」と言った女性。その是非は私にはわからない。元いじめっ子へ反撃したのも、それが初めてではなかったのかも知れない。 でもあの、唇を噛んで出て行った彼女の真っ赤な横顔が、忘れられない。
                  



拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear