忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

いじめ問題解決のために

これは、やってみればものすごくいじめ防止に効果があるのではないだろうか。
つまり、人間は基本的に利で動くものであり、いじめをすることがはっきりと「自分にとって不利益」であると判断すれば、いじめはしなくなるだろう、ということだ。
これまでのいじめ防止策がいわば性善説的なもの(つまり加害者側の良心に期待するもの)で、それがまったくいじめ防止に役立たなかったことを考えれば、ここに書かれていることは、やる価値が大いにある。やって損になることは一つもない。いじめ問題がこれで大きく減少する可能性は高いと思う。



            

いじめよくないとか道徳の授業するより、「わざと怪我をさせられたら病院で診断書を貰いましょう」「やられたことを日記につけておくと後々有用な証拠になります」「過去にこんないじめをした生徒が懲役◯年に処されています」みたいな講座したほうがいじめる側にも抑止力として働きそうな気がする









(徽宗追記)なお、下のような人間もいるわけで、人間をひとしなみに性善とか性悪とか言えるものではないと私は思う。人それぞれだ。良心は、文化的(家庭環境や読書体験や友人関係、マスコミなど)に形成されるものだろう。なお、私も何度プレイしてもその度にどうしてもビアンカを選んでしまうのだが、私の娘はフローラを選ぶという人非人であるwww そりゃまあ女が「どの娘と結婚する」と言われても、選びようもないのだから、金持ち娘を選んでも当然か。しかし、男たるものフローラを選んではいけないwww



113:風吹けば名無し@\(^o^)/2016/11/19(土) 19:12:20.72ID:iHuKkqmS0.net
ドラクエVもタクティクスオウガも何回かプレイしたけど、どうしてもフローラとか虐殺するとか選べん 
 



拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear