忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

お前は人権の匂いがする

「ギャラリー酔いどれ」から転載。
好記事である。大衆心理学の面から、非常に鋭い分析と、良い指摘をしている。
もちろん、内閣支持率そのものが完全な捏造である、という可能性もあるし、支持率調査に意図的誘導がある、というのは確実だろうが、後者だとしても、一定数の安倍内閣支持者がいることも確かだろう。では、上級国民ならともかく、貧困階層や被搾取階層の人間が、なぜ搾取階級のための政権である安倍政権を支持するのか。
それは、権力との心理的一体感がもたらす安心感が、彼らには大事だからだろう。逆に言えば、権力に逆らえば社会から抹殺されるという恐怖感だ。その恐怖に怯える自分の弱さから目を背け、自分は権力の側なのだ、と信じることで「安心立命」するわけである。要するに、新興宗教を信じるのと同じ心理構造である。「私は天国の側」というわけだ。


2000年に大学を卒業したロスジェネ世代の芥川賞作家、中村文則氏が
昨年1月に朝日新聞に寄稿した「不惑を前に僕たちは」という一文は示唆に満ちている。

要点を拾うと、中村氏は大学時代に第2次大戦の日本を美化する友人に反論した際、
こう面罵された。

「お前は人権の臭いがする」

人権は大切だと問うと、友人はこう畳み掛けてきた。

「俺は国がやることに反対しない。だから国が俺を守るのは分かるけど、
国がやることに反対している奴らの人権をなぜ国が守らなければならない?」

数年後、世に「勝ち組・負け組」という意識が定着した頃、
フリーターだった中村氏は、バイト仲間が渡した第2次大戦を美化する本に
いろいろ言うと、仲間は嫌な顔をしてこう言い放った。

「お前在日?」




この記述は、若い世代がなぜ右翼的(権力擁護側)になるのか、の心理を確かに示唆している。言うまでもないが、自称政権擁護側だろうが何だろうが、無力な被搾取階級の人間を搾取階級が守ることはありえない。搾取することで、搾取階級は成り立っているのだから。





(以下引用)



◆http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/133.html
投稿者: 赤かぶ 日時: 2017 年 5 月 01 日  kNSCqYLU
デタラメ大臣の巣窟内閣でも支持率が落ちない謎を解く(日刊ゲンダイ)


http://asyura.x0.to/imgup/d6/8031.jpg

☆https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/204665
日刊ゲンダイ  2017年5月1日  文字お越し


平和憲法の施行から、間もなく70年。

戦後日本が守ってきた「大事な一線」を、安倍政権はどんどん越えていく。

1日、海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」が横須賀を出港。

平時から武器を使って米軍の艦船を守る米艦防護を初めて実施する。

2年前の安全保障関連法の成立で可能になった任務で、
南スーダンPKO部隊の「駆けつけ警護」に続き、
自衛隊の戦闘参加に道を開くものだ。

なし崩し的な憲法蹂躙で、もはや9条は有名無実化。

安倍政権はあっという間に「戦争できる国」へと突っ込んだなと思い知らされる。

選挙のたびに争点隠しのイカサマで「平和の理想」を着々と放棄。

今なお高支持率キープは不思議だが、安倍はエスカレート。

「サリンを弾頭につけて着弾させる能力をすでに保有している可能性がある」
と率先して北朝鮮危機をあおり、国民の不安をたき付ける。

今や毎日が防衛出動の手前、日本の平和と安全を脅かす「重要影響事態」ムードだ。

北朝鮮が人民軍創建85年を迎えた先月25日には、
「ミサイル50発を日本に発射」とのニセ情報がネット上で拡散。

こんなデマさえ信じてしまう国民心理につけ込み、
希代の悪法、共謀罪を成立させる魂胆は悪辣だ。

その証拠に、さんざん危機をあおりながら、GW中は首相以下、11閣僚が
外遊に飛び立つ。

北のミサイル発射後も、韓国への渡航リスクを上げもしない。

北朝鮮危機は、国民に恐怖心を植えつけ、テロ対策を口実にした
悪法ゴリ押しを狙った「フェイクニュース」ではないか。

そのうえ、今国会でハッキリしたのはチンピラ大臣たちの無能ぶりだ。

「大震災は東北でよかった」でクビの今村前復興相だけではない。

南スーダンの状況は「一般的に『戦闘』、法的には『武力衝突』」、

森友学園絡みの答弁の事実誤認には「記憶違いなら虚偽答弁にならない」
と言い張った稲田防衛相。

まともに国会答弁できず、「私の頭脳が対応できなくて、申し訳ありません」
と言ってのけた金田法相……。

挙げればキリがないが、居丈高に開き直る大臣たちに通底するのは、権力の驕りだ。

「どんなバカをしでかしても支持率は下がらない。

そんな『1強支配』の思い上がりが今の政権には垣間見えます。

しかも北朝鮮との緊迫感をあおれば“危機の前では”と、

国民は大臣の失態を不問に付す。

さらに政権がゴーマンさに拍車を掛ける悪循環です」(政治評論家・森田実氏)

1強支配が続けば役人たちも政権にせっせと「忖度」。

森友問題の情報隠しはその最たる例だ。

政権内は上から下まで腐っているのに、安倍人気は衰えない。

この負のスパイラルから抜け出せないのは、なぜなのか。

戦後政治史の最大の謎と言ってもいい。


「国を邪魔するな」の風潮が支える悪辣政権


メディアは「ほかに適当な人がいない」が安倍支持の最大の理由と報じるが、

嘘八百だ。

そもそも、この論調が安倍PR。

安倍より首相にふさわしい資質と器量を兼ね備えた政治家は山ほどいる。

安倍じゃなければ誰でもいいくらいなのに、メディアは安倍サマに忖度するように
“出ようとする杭”を叩いてきた。

野党叩きも目に余る。

政権に厳しい目を向けるのは野党の責務だ。

民進党はその点、森友疑惑や共謀罪をよく追及しているのに、
メディアは「また批判だけ」と、さも政権の足を引っ張るのが悪事のように書く。

支持率下落は止まらないと、執拗に蓮舫代表に「不人気」のレッテルを貼る。

安倍もメディアに便乗し、国会答弁で二言目には「民主党政権の3年間はヒドかった」
とあげつらう。

メディアも政治家の品格のカケラもない答弁を無批判に垂れ流す。

本当に異常だ 前出の森田実氏はこう嘆く。

「野党も森友問題と共謀罪で政権を追及すると決めたら、
脇目も振らずに突き進めば有権者も振り向くのに、ちょっと批判記事が出ると、
すぐメディアに忖度して攻撃を緩める。

あまり追い込むと解散するぞ、と選挙を恐れて首相の気持ちまで
忖度する始末。情けない限りです」

深刻なのは、「国の邪魔をするな」という風潮が広く国民の間に浸透していることだ。

倒錯的な「強いリーダーへの憧憬」が、
明らかに安倍人気を支える要因のひとつとなっている。

端緒となったのは、90年代後半からの就職氷河期を体験した「ロスジェネ」世代だ。

バブル期の「普通に」就職より、ちょっと変わった道がカッコイイとのムードが、
バブル崩壊後に一変。

安定を求めて「正社員と公務員」が“憧れの職業”の座に取って代わる。

そんな空気を身をもって感じた世代である。

2000年に大学を卒業したロスジェネ世代の芥川賞作家、中村文則氏が
昨年1月に朝日新聞に寄稿した「不惑を前に僕たちは」という一文は示唆に満ちている。

要点を拾うと、中村氏は大学時代に第2次大戦の日本を美化する友人に反論した際、
こう面罵された。

「お前は人権の臭いがする」

人権は大切だと問うと、友人はこう畳み掛けてきた。

「俺は国がやることに反対しない。だから国が俺を守るのは分かるけど、
国がやることに反対している奴らの人権をなぜ国が守らなければならない?」

数年後、世に「勝ち組・負け組」という意識が定着した頃、
フリーターだった中村氏は、バイト仲間が渡した第2次大戦を美化する本に
いろいろ言うと、仲間は嫌な顔をしてこう言い放った。

「お前在日?」


弱者救済より権力への同調を選ぶ異様な空気

経済がバブル後の苦境から抜け出せず、「失われた○年」を重ねるごとに、

「自己責任」や「自助努力」なる言葉が蔓延。

それに連なるように偏狭なナショナリズムが芽生えていった。

自信を失った人々が「日本人の誇り」を持ちたいがため、
歴史上の汚点をなかったことにする。

他国の人々を見下すようになる。中村氏はこう書いた。

〈格差を広げる政策で自身の生活が苦しめられているのに、その人々がなぜか

「強い政府」を肯定しようとする場合がある。(中略)

フロイトは、経済的に「弱い立場」の人々が、

その原因をつくった政府を攻撃するのではなく、

強い政府と自己同一化を図ることで自己の自信を回復しようとする
心理が働く流れを指摘している。

経済的に大丈夫でも「自信を持ち、強くなりたい」時、

人は自己を肯定するため誰かを差別し、さらに「強い政府」を求めやすい〉

「安倍1強」は決してイデオロギーや強い意志に根差しているわけではない。

現状不満派が自信回復のため、「強いリーダー」なる虚像に何となく、
なびいているだけ。

強そうなら安倍じゃなくてもいい。

逆に自信を失った人々がこれだけ増えたことに震撼する。

あるいは、どうせ政治に声を上げても将来は変わらない。

今さえ楽しければいい。

政治的無関心と諦念に基づいた消去法が、安倍1強を生み出しているのだ。

ロスジェネ世代で、高千穂大教授の五野井郁夫氏(政治学)はこう言う。

「安倍1強も北朝鮮危機も漠とした空気に支えられたもの。

その空気に皆が忖度し、北朝鮮がミサイルを放ってもソウルは静かなのに、

東京の地下鉄や北陸新幹線はストップ。

その奇妙さに気付いても、『国の邪魔をするな』の風潮にのみ込まれてしまう。

国民の多くが虐げられた人々に寄り添わず、沖縄の基地問題や生活保護を批判し、

『国の邪魔をするな』と権力への同調圧力を強める。

弱い者がさらに弱い者を叩く構図は、政治学者の丸山真男氏が唱えた
『抑圧の移譲』そのもの。

つくづく、嫌な風潮に支えられた政権です」

異様な空気に包まれたまま、平和憲法への挑戦と北朝鮮への挑発を重ね、
戦争できる国づくりを進める悪辣政権
を許していいのか。

この時代の異様さを後世の歴史家に任せてはいけない。

今から徹底検証が必要だ。


http://asyura.x0.to/imgup/d6/8032.jpg


拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear