忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

安倍政権という国家破壊集団

「植草一秀の『知られざる真実』」から転載。
まあ、常識的なことを書いてあるだけだが、日本国民にはそれが常識でないから、しつこく言い続ける必要がある。
安倍政権(日本会議)は国民の敵、という一言を何度でも繰り返すべし。
特に彼らの改憲策謀は、日本社会の根幹を揺るがすもので、まさしく「共謀罪」の対象とすべき国家破壊運動だろう。犯罪の実行以前に、彼らが国家破壊の「打ち合わせ」をしているのが目に見えており、証拠も無数にあるのだから、逮捕してしかるべきである。
だが、残念ながら今立法されようとしている共謀罪は、政府が、自分たちにとって都合の悪い人々を弾圧するための法案にすぎない。
現政府自体が現憲法を守る意思が無い、ということは、明白な憲法違反行為であり、ほとんど犯罪であるにも関わらず、彼らが逮捕されないのはなぜかと言うと、刑法上は犯罪は実行されてから犯罪として成立するからである。
ストーカーにつきまとわれて困っている若い女性が警察に相談しても、ほとんど相手にされないのは、まだ「犯罪」になっていないからだ。その女性が殺されたりして「事件」になって警察は初めて動き出す。つまり、警察は犯罪の「予防行為」をするところではない。法律自体がそうなっているのだ。犯罪をやる前に「犯人」を逮捕したら、それ自体が犯罪的行為であり、警察は非難されるだろう。(もちろん、「住民サービス」的に「予防行為」をすることはあっても、それは法的にはむしろ逸脱行為だろう。)
共謀罪(テロ対策特措法)は、その刑法の大原則を真っ向から否定する、或るSF映画で描かれたような馬鹿げた法律なのだ。そのSF映画では、「これこれの人間が未来に犯罪を行うことが、超能力者によって予知されたから、その人間を逮捕していい」という社会設定になっている。日本政府や警察にそんな超能力者がいるはずはないから、犯罪が未遂の段階で「犯人」らしき人物を逮捕できるというのは、当局や権力にとって『敵』と見做される人物を好き勝手に逮捕できる、ということである。
そうなれば、もはや政府の悪事に対する批判の声など上げることは不可能になる。これほど権力にとって心地よい世界はあるまい。そして庶民にとっての地獄はあるまい。


(以下引用)


2017年5月 4日 (木)

安倍自民改憲案は国家転覆の企てに相当


日本国憲法が施行されて70年。



国民が敗戦後の新生日本70周年を祝賀すべき日である。



その先頭に立つべき首相が真逆の対応を示した。



憲法には改正の条文があるから、改正をタブー視する必要はない。



安倍首相は9条を改憲して自衛隊の位置付けを改変すること



高等教育の無償化を定めること



などを提言したが、羊頭狗肉のトリックに騙されてはならない。



安倍政権による憲法改定には断固阻止の姿勢を崩してはならない。



なぜなら、安倍自民党は憲法改定案をすでに示しており、憲法改定の目的がすでに明示されているからだ。



安倍自民党の憲法改定案は、日本国憲法の根本原理そのものを改変しようとするものである。



「国家転覆」



の企てと表現して差し支えない。



国家転覆を企てているのだから、



安倍自民党こそ



「破壊活動防止法」上の



要監視団体に指定するべきである。



日本国憲法の根本原理とは、



平和主義、基本的人権の尊重、国民主権



である。


人気ブログランキングへ


安倍自民党が提示している憲法改定案では、



平和主義が放棄され、



基本的人権が制限され、



国民主権が否定される。



日本を「戦争をしない国」から「戦争をする国」に変える。



基本的人権は不可侵の権利ではなくなり、一定の制約下でしか認められなくなる。



そして、



「国民のための国家」が「国家のための国民」に転倒させられる。



まさに、国家転覆を企てるものであり、



「憲法改正」



の範疇を超える。



初めは差し障りのなさそうな条文から手を付けて、



憲法改定が走り出せば、隠していた牙を剥く。



このシナリオが目に見えている。



敗戦後日本を敗戦前日本に引き戻す。



これが安倍首相の狙いである。


人気ブログランキングへ


自民党憲法改定案が敗戦後の新生日本を転覆するためのものであることについては、



拙著『「国富」喪失』(詩想社新著)



https://goo.gl/s3NidA



第3章「国富を守るために、いま、なすべきこと」



に記述した。



71qoqkogasl自民党憲法改正草案



を熟読すれば、自民党憲法改定案が国家転覆の構想であることが分かる。



安倍政権の悪質さは、メディアを完全支配して、虚偽情報で国民を誘導している点にある。



この点はすでに戦前とまったく同じである。



重要なことは、国民が賢くなることだ。



メディアの情報に誘導されない。



真実の情報を探り出し、自分の目で見て、自分の頭で考えることだ。



手遅れにならないようにするには、選挙で勝利することが必要不可欠だ。



日本の主権者に真実の情報を伝達して、次の総選挙で暴走政権を退場させる。



これが何よりも重要だ。



「きょうぼう罪」を創設するなら、安倍政権のような「凶暴な」政権の存立を許さない「凶暴罪」を創設して、憲法を破壊する政権を排除することが望ましい。


人気ブログランキングへ


メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」



http://foomii.com/00050



のご購読もよろしくお願いいたします。



上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。



http://foomii.com/files/information/readfree.html


人気ブログランキングへ


続きは本日の
メルマガ版
「植草一秀の『知られざる真実』」
第1733号「安倍暴政放置して地獄見るのは国民自身」
でご購読下さい。


『アベノリスク』(講談社)
動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。


2011101日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月201110-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。


人気ブログランキングへ



拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear