忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

休まないからこそ労働生産性は低くなる

「休まないのに労働生産性が低い日本」という記事タイトルに興味を持って調べたら、実際の記事タイトルとは少々違っていた。
なぜ記事タイトルに興味を持ったかというと、タイトルを「ばっかじゃねーの」と思ったからだ。
労働生産性とは、稼いだカネを稼ぐのに要した時間で割って出した数字だ。「休まないのに労働生産性が低い」のではなく、「休まないから労働生産性が低い」のである。
問題の根源はただ一つ。なぜ休めないのか、である。その理由は

1)過重な労働を強いられているから、規定労働時間内に終わらせられない
2)不要な仕事が多すぎる


の2点だろう。すべて、経営者の問題である。労働者に過重な労働を強いないと経営が成り立たないのなら、(労働者の立場から見れば)経営者として失格であり、労働者に不要な仕事をやらせているなら、それも経営者失格だ。はたして、そういう無能な経営者ばかりなら、なぜ経営者になれたのか。いや、そういう経営者だからこそ経営者でいられる、ということではないか。

マルクスの言うように、労働者が稼ぐカネの剰余分を資本家が収奪するのが資本主義の原理である以上、すべての経営はブラック化するのが当たり前だ、ということだ。その中で、労働者の生活にも配慮する良心的経営で成功する事例もたまにはあるが、それは「経営者の取り分」を労働者に分けることであるから、長続きはしない。
欧米で労働生産性が高いとしたら、それはまだ労働者の権利が欧米では法的に守られているからだろう。つまり、経営が上手いとか下手かの問題ではないし、労働者の資質の良し悪しの問題ではない。議論の前提がまったく間違っているのである。(マスコミ記事は「労働者の働き方が下手」という論調で書くのが普通であり、これまた洗脳の意図だろう。)



(以下引用)




【悲報】バカンス満喫中のイタリアと日本の一人あたりのGDPがほぼ変わらない件 労働生産性に至ってはボロ負け


短かったお盆休みも終わり、はやくも次の連休を心待ちにしているという人も多いだろう。一方海外では、今がバカンスの最中という国もある。


その一つがイタリアだ。イタリアでは8月に1か月近くの長期休みを取る人が多く、特にピークの8月15日の祝日フェラゴストのあたりは街が空になる現象が起こるという。

「9月までvacationです、サンキュー、あなたも良い夏を!」



イタリアの会社とやりとりをしている人たちにとっては、先方がバカンスで仕事を離れているため待ちぼうけ状態になっているようだ。


「イタリアの出版社に発注メール送ったら自動返信で『9月までvacationです、サンキュー、あなたも良い夏を!』+ 署名代わりに適当な海のAAが返ってきて歯を食いしばった」
「イタリアの取引先は『8月6日から9月4日まで休むわ』って、5日の夜に知らせてきた。ほんとに完全に休業している」


服飾の仕事に就いているという人は、生地を頼もうと思って連絡を取ったところ、「しばらくバカンスだから電話しないでもらっていい?9月には送るわ?」と返された。また、イタリアでオーダーした家具が3か月ほど経っても届かないため、メールしたところ、「バカンス中だから、8月23日以降に返信します」と自動返信メールが来たという投稿もあった。


多くのイタリア人が仕事のことを忘れて長期バカンスを満喫しているのは間違いないようだ。

労働生産性も日本は21位なのにイタリアは10位

中には、取引先のイタリアが1か月のバカンス中のため、「夏休み3日って聞いたら笑われそう。または憐れまれそう」とこぼす人もいた。マクロミルが会社員・公務員を対象に行った「夏休みの過ごし方」調査によれば、日本人の夏休みの平均日数は3.9日。夏休みがないという人も19.2%にのぼっている。イタリアと比べるとなんとも寂しい。


休みの長さが段違いであるのにもかかわらず、内閣府の「2014年度国民経済計算確報」によれば、1人あたりのGDPは日本が3万6230ドルで20位、イタリアが3万5219ドルで21位と僅差。そのため、


「こんだけバカンスもエンジョイしてるイタリアと、夏休みが3日しかない日本で差がないんだぜ…」


と悲観する人もいた。労働者一人あたりが生み出す成果を指標化した労働生産性にいたっては、2015年度の順位で日本が21位のところ、イタリアは10位と大きく水をあけられている。日本人がなんのために休みを我慢して働いているのか分からなくなるレベルだ。

バカンスといえばフランス! 1か月休んだって社会は回る!

また、バカンスといえば法律で5月1日から10月31日の間に4週間の有給休暇を取得しなければいけないフランスを思い浮かべる人も多いだろう。フランスの1人当たりのGDPは18位と日本を超えており、労働生産性は7位だ。


ツイッターでは、休みが少ないのに労働生産性が低い日本を痛切に批判したツイートが話題になっている。


「なんか経済大国みたいに威張ってるけど、日本の労働生産性はOECD加盟国で21位だし、もちろんG7ではビリ。ビリだよビリ。ゆったりバカンスとってるフランス人より、一時間あたりの生産する金額が低いの!イタリア人より稼いでないの! 価値の低い長時間労働をしてるバカの国なの!」


他国のバカンスの実態を知った人からも、


「これだけお休みして社会が回るイタリアって、暮らしの厚みみたいなものを感じるなぁ」
「フランスはバカンスがあっても社会が回ってるんだから日本にもバカンスあってもいいよね…」


という声があがっていた。


あわせてよみたい:【悲報】日本人の疲れ方がやばい




(付記)労働生産性についての解説である。



労働生産性

生産過程における労働の効率のこと。生みだされた生産額を投下した労働の量で割った値、すなわち労働者1人1時間あたりの生産額で示される。生産額を生産物の量で示したものを物的生産性、価格で示したものを価値生産性という。労働生産性を向上には、労働者側の事情、例えば労働者の技能・熟練度の向上のほか、さまざまの社会的・技術的要因、さらにはとくに農漁業などについては自然的条件が影響を与えるとされる。労働生産性はしばしば賃金と関連して論じられ、いわゆる生産性基準原理など、生産性の上昇率が賃上げの限界を画するものとして持ち出されることも多い。










拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear