忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

政府が「富者による搾取」を放置してはならない理由

「ネットゲリラ」から転載。
ジャン=リュック・メランション(この氏名の表記法の意味が分からない。「=」と「・」の使い分けにどういう意味があるのだろう。)の公約は、まさに私の理想に近い政治である。

平均賃金の20倍も貰えば、生活し人生を楽しむには十分以上だろう。日本の平均賃金が300万円くらいとすれば、6000万円である。年収6000万円であなたは不満だろうか。それとも自分の働きは年収10億円20億円の値打ちはあると思うだろうか。
しかし、年収が10億円も20億円もある連中は、こういう政策にはもちろん大反対で、だから共産主義は資本家から蛇蝎のごとく忌み嫌われる。もちろん、彼らの目の前で飢えた子どもが死のうが戦争で若者が死のうが平気の平左である。それが資本主義だから当然だ、というわけである。無能な人間は生きる価値なし、というのが資本主義の大原則だ。社会福祉など、富者から貧者への富の転移であり、共産主義そのものだから、これもどんどん削減するべし、となる。まあ、要するに弱肉強食のジャングルの思想であり、人間の皮をかぶったケダモノの思想が資本主義、言い換えれば経済的自由主義の思想である。
政治が富者から貧者への富の転移を制度的に行わないと、富は確実に富者に集中し、富者はますます富み、貧者はますます貧しくなるのが社会の基本原理だ。つまり、社会主義的政策を採る、福祉的政府というのが政府のあるべき姿なのであり、富者による貧者の搾取を放置したり援助したりするような政府は一般国民全体の敵に等しい。安倍政権の政策が後者であるのは言うまでもない。


(以下引用)



当選しないから言いたい放題

野次馬 (2017年4月20日 22:25) | コメント(14)



3億8千万強奪の犯人がさっそく捕まってて笑ったんだが、韓国人で、空港から持ち出そうとして発覚だそうでw つうか、それだけ多額の現金を持っていると知らなきゃ襲わないよね。事前にブログやTwitterで「これから3億8千万おろしに行きます」と予告してから銀行に行くヤツはいないので、知っている人間は限られる。バレて当然だw ところで、フランスの大統領選挙が何やら面白いというんだが、極右と極左の激突、というんだが、ルペン潰しの刺客なのか?


フランスの大統領選挙で急上昇しているダークホース候補が、富裕層の元にやってくるだろう。フランス共産党の支持を得ているジャン=リュック・メランションは、40万ユーロ(425,000ドル)以上の所得に対して100%の税金を導入すると述べている。
なぜ400,000ユーロなのか?それはフランスの平均賃金の20倍に相当する。所得税の最高税率は現在45%で100%に引き上げると効果的に所得を400,000ユーロに抑えることができる。
メランション氏の他の経済政策の提案を簡単に見てみましょう。

・フランスの労働時間を4日に短縮
・労働者の休暇の増加
・最低賃金を16%引き上げる
・相続された富に対する税(相続税)を上げる
・原子力を放棄する。 2050年までに100%再生可能エネルギー
・新しく自由貿易協定は締結しない
・NATO、国際通貨基金、世界貿易機関からの脱退
・フランスのエネルギー会社EDFとガス供給業者Engieを国有化

メランション氏はまた、通貨の切り下げを含む要求が満たされなければ、ユーロを脱退すると脅している。

年収4600万以上は税率100パーセントだそうでw 資本家の全否定、いかにも共産党らしい主張で頼もしいw 日本共産党だって、さすがにそこまでは言わんだろw


拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear