忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

生産性の凄惨性

ずっと前に、小飼弾(字はうろ覚え)氏が、「生産性至上主義者」の「分裂勘違い君」(ネットの一部で有名な弁論家と思うが、たぶんfromdusktildawn氏と同一人物。)を揶揄して「生産性は凄惨性」と言ったことがあるが、下の記事の中に引用されている白土三平の漫画は、技術革新などによる生産性の向上がそれまでの労働者の仕事を奪い、生命の危機や貧困に追いやることを分かりやすく描いている。
もちろん、それは過渡的な悲劇であり、技術革新などによって作られた「便利な生活」「文明的な生活」が現代のわれわれの生活である以上、技術革新や生産性の向上そのものをやめろ、という暴言を吐くつもりは私には無いが(私自身、「文明の恩恵」を多々受けており、今私が文字を叩き出しているパソコンもその一つだ。)少なくとも、技術革新や生産性の向上に伴うそうした犠牲に対する配慮が社会全体にあるべきだろう。それが無いのが「冷酷な資本主義」であり、そうした配慮がある資本主義を「暖かい資本主義」と呼んでおこう。言うまでもなく、前者の別名が新自由主義であり、グローバリストはたいてい新自由主義者である。
なお、「ポピュリズム」論については、孔徳秋水氏の言葉に全面的に同意しているので贅言しない。ポピュリズムとはまさに「民主主義」そのもの(厳密に言えば、「代表制(議会制)民主主義」の基本)であり、かつて民主主義批判の言であった「愚衆政治」を言い換えたのが「ポピュリズム」である。つまり、ポピュリズム批判は実は民主主義批判の言説であることがほとんどである。



(以下「バカ国民帝国日本の滅亡」から転載。)



グローバリスト迎合政治の敗北
NEW !
テーマ:


ブレグジット…


 


トランプ勝利…


 


…そして、イタリア国民投票…


 


憲法改正案否決!!…


 


 


ポピュリズム(主権在民、民本主義、民主主義)の連続勝利である…


 


近頃、少々酒がうまい!…


 


 


グローバル化の進む世界情勢…


 


ビジネスはスピード勝負…ってのは、わかるんだけれども…


 


 


立法過程を簡素化すれば、権力の暴走にブレーキをかけられなくなってしまう。


 


 


クルマ社会だって、歩行者優先、弱者保護だ。


 


経済だって同じであろう。


 


 


生活者を轢き殺してしまうような経済政策や事業者には厳罰で臨むべきであろう。


 


それが昨今、まるであべこべ…


 


 


「オポチュニズム」のことばを使わずに、


「大衆迎合」の意味だけで「ポピュリズム」のことばを使う差別者たち


グローバリスト!!


 


この地球はな…お前たちだけが生きているんじゃないんだよ…


 


 


人民は、たしかに愚かである…


 


だが、グローバリストは、もっと愚かである…


 


 


別にポピュリストは、大衆に「迎合」などしていないが、仮にそうだとして…


 


操縦される愚民に支持されるようなグローバリズム政治が愚かでないってことが…


 


あり得るだろうか? …


 


「ポピュリズム」にはもともと「迎合」の意味はない。


 


人民を差別しているから、「ポピュリズム」をそのような意味で使う。


 


 


民主主義を軽蔑し、これに反対しているのがグローバリストである。


 


チャーチルもそうだったが…「帝国主義者」はだいたいそうである…(日本の保守も)


 


 


そして、連中はメディアや経済や行政を支配して「大衆操縦」をやっている。


 


よって、簡単に踊らされる愚民ほど、グローバリストを支持するのである…


 


 


ここでもういちど問おう…


 


(”迎合”などしていないが…)愚民迎合政治と……愚民操縦政治…


 


どちらの政治を支持する方が、より愚かであろうか?…


 


 


グローバリストは、次の点で決定的に愚かである。


 


①、経済成長が、経済問題のすべてを解決すると信じている点


 


②、経済成長が永続するものと信じている点


 


③、自由経済の侵略性を理解できないでいる点


 


④、技術革新や経済成長が、人類の進歩だと信じている点


 


 


人間の自由な活動と技術革新によってこそ、


 


核戦争や核汚染の危機は深刻になったのであるし、


 


資源の枯渇や争奪、環境の破壊、貧富の格差問題、貧困問題が生じている。


 


 


昔から、これらの問題は繰り返し論議され、情報化社会である今日、バカでなければすぐに学習し、習得できる問題である。


 


それを愚民やグローバリストたちは、まったく理解していないし、無知のままである。


 


 


愚民と同レベルのグローバリスト


 


ゆえに、自分の愚かさがわからず、大衆は愚かだと差別する。


 


根拠もないのに、自分の考えが正しいと信じていられる。





『カムイ伝』白土三平


 


 


「人類の進歩」は正しいか?


 


「技術革新」は正しいか?


 


「経済成長」は正しいか?


 


…「自由経済」「自由貿易」「規制緩和」は?…


 


 


愚かなグローバリストたちには、哲学する脳などないであろうな…


 


自己矛盾にも気づけぬサルどもには、理解などムリなのだろうな…


 


 


サムスンも政治介入を咎められようとしている…


 


カネで政治に介入しようとするんじゃないよ…卑しい者どもめ…


 




拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear