忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

賭場の常識を知らない客は賭場のカモ

1年間で13兆円の損失www
いや、笑いごとではない。そのうち、年金の給付額の減額というのが確実に起こりそうだ。これが国民の選んだ政権らしい。まあ、ギャンブルが趣味ですと自ら公言する男と結婚する女はあまりいないだろうから、これは結婚詐欺のような政権である。
国がバックにいてすら株で損をするのは、国より巨大な資金を持つユダ金が相手のバクチだからだろう。あるいは、わざとユダ金にカネを献上しているのか。
GPIFが最初は儲けていた、というのも、バクチの胴元が初顔の客に勝たせてやるようなものだったのではないか。それで浮かれて、どんどん大金を張り始める。後は、身ぐるみ剥がれるまで一直線である。最近の大人、特に経済人や官僚は映画も見ないし小説も読まない馬鹿(自分のカネは酒と女と高級服飾にしか使わない馬鹿。)が多いのだろう。こんな賭場の常識など、昔の大衆小説にも時代劇映画にもよく描かれたものだ。


(以下引用)


トータルでもマイナス

| コメント(10)

チョーセンマリオモドキ神の暴挙で、とうとうGPIFの運用益が「トータルでもマイナス」入りですw 直近1年間で13兆のマイナス。運用改革後のトータルでも、1兆以上のマイナスです。これでネトウヨの「トータルでは勝ってるから」理論が破綻w つうか、塩漬けになっている「売るに売れない」株が多くて、実際にはもっと大きな損失が出ているはずだ。

GPIFは、新たな目標値に向けた資産構成への変更がほぼ終了した昨年7-9月期に自主運用開始以降で最大の評価損を計上した。
世界的な市場混乱からのリスク回避の動きが円高圧力となり、保有する内外株式と外債の評価を目減りさせたためだ。金融市場は年末にかけて持ち直したものの、今年に入ると円高・株安が再燃。
GPIFの直近1年間の評価損益はマイナス13兆1929億円に上っている。
14年10月から今年6月末までの通算運用は1兆962億円の損失。昨年6月末までの3四半期で12兆円余りを稼いだGPIFは、運用改革後の収益全てを失った格好だ。

今、日銀やGPIFが手をひいたら、日本の株価は大暴落するだろう。それも大変なんだが、もっと困るのは、政府筋が株主になる事によって、企業のコンプライアンスが崩壊するという事。たとえばPCデポだ。あれだけの不正、インチキをしておきながら、いまだに公的機関は動かない。何故か? 国営企業だからですw 政府筋が、PCデポの株を大量に持っている。だから、手が出せない。本来ならあれだけの不祥事をしでかしておいて、倒産に追い込まれていても不思議でない会社が、何の追求も受けない。どっかで見た景色だな、と思ったら、東京電力だw 東電は、もともと東京都が筆頭株主で、公的機関の持っている株が多い会社です。そういう会社は、どんな不祥事をしでかしても保護される。ソヴィエト連邦の国営企業みたいなもんだw



拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear