忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

メモ日記「政治・社会」3

#97  ヒトラーという天才

A.L.サッチャーの『戦争の世界史(燃え続けた20世紀)』は、20世紀の世界を政治家の人物像を中心に描いた、いわば20世紀の『史記』である。『史記』同様に、切れば血の出る人間たちが織り成す生き生きとしたドラマが素晴らしい、お勧めの本だ。ただし、政治の表舞台の現象を、ストレートに受け取ったならば、という保留条件付きで読む必要はあるが。というのは、この本の中には、政治を陰で動かしてきた経済人の姿が一つも無いからだ。この本を読むと、政治がまるで一握りの政治家の思惑だけで動いているように見えてしまう。英雄豪傑伝としてなら面白いが、実際の政治はそんなものではないだろう。
また、この本ではチャーチル、ルーズベルトがほとんど全面肯定されるような感じで描かれているが、それはヒトラーを否定すべき存在として見た時、初めて首肯できる描き方である。ヒトラーを否定するのは当然ではないか、と大多数の人間は言うだろう。だが、そうした硬直的姿勢からは何も新しいものは生まれない。
この本の中で描かれるヒトラー、ムッソリーニ、スターリンは、まるでゴロツキかギャングである。実際、人格的にはそれに近いものだっただろう。だが、政治家としてはそれぞれに偉大な天才であったはずだ。でなければそもそも権力を握ることなどできなかっただろう。中でもヒトラーは政治の天才だっただけでなく、ナポレオン以来の軍事的天才でもあった、というのが私の印象である。

拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Clear