忍者ブログ

徽宗皇帝のブログ 徽宗皇帝のブログ

RSS TWITTER RssTwitter

米政府、ロシアに完全降伏?

「ギャラリー酔いどれ」から転載。
「阿**」にはプーチンファンが多く(私もその一人だが)、「ロシアが勝った、アメリカ負けた」という、希望を事実にすりかえるような「先走り記事」が多くて小々閉口気味なので、この記事もその一つだろうと思って読み落としていた。「酔いどれ」ブログに載っていたので読んでみると、なかなか信頼できそうな内容である。
「アメリカがISISの黒幕である」、という明白な証拠をロシアがアメリカに突きつけて、アメリカ側が降参したようだ。これ(アメリカの降参)が事実であるらしいことは、その後のアメリカ側の行動によって裏付けられていると見ていいのではないか。
これで中東からアメリカが完全に手を引くかどうかは分からないが、もしそうなれば、イスラエルは孤立状態になり、衰退消滅していく可能性もある。つまり、中東の平和に一歩ずつ近づいていくということだ。世界全体の平和のためにも喜ばしいことである。
なお、プーチンがトランプを好意的に見ていることで、次期米大統領にはトランプがなる可能性もかなり高まっているのではないだろうか。少しでも世界情勢に興味のある人なら、今の世界はロシアと中国とアメリカが協調しなければ安定しないことは分かるはずだから。
「テロとの戦い」というインチキ戦争にいったん終止符が打たれたら、次の問題は「ドル崩壊」かもしれない。崩壊するかしないかはともかく、ドルのさらなる威信低下は避けがたいだろう。
また、米国「戦争屋」陣営がアメリカのこの状況に錯乱して、第三次世界大戦を起こす、というシナリオもありえないことではない。


(以下引用)



◆http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/667.html
投稿者: お天道様はお見通し 日時: 2015 年 12 月 20 日 I6W6mAZ85McLw
アメリカを完全降伏させた ロシア保有の決定的証拠とは 世界の裏側ニュース


最近、アメリカやサウジなどによる態度の急変、国連安保理でのシリア和平への全会一致決議など
☆http://www.asahi.com/articles/ASHDM2JC4HDMUHBI00G.html
シリア情勢で大きな動きがありますが、モスクワでの会合などその背後での動きを見ると、
最近の一連の変化の理由がすっきりと理解できます。



****

【What does it mean】 12月17日
http://www.whatdoesitmean.com/index1963.htm より翻訳
オバマがプーチンに「降伏」し、米国メディアが「完全なメルトダウン」状態に
Obama “Surrender” To Putin Throws US Media Into “Complete Meltdown”


今日、ロシア政府内にロシア大統領府(OP) ☆http://kremlin.ru/
が作成した新しいレポートが回覧されていた。
次は同報告書に記載されていた情報である。


過去72時間以内にロシアとアメリカ両国の間に起きた歴史的な出来事は、
バラク・オバマ大統領をプーチン大統領に
完全降伏させ、
それによりアメリカによるレヴァント戦闘地区内のイスラム国
(ISIS/ISIL/ダーイッシュ)の
テロリストに対する米軍の軍事活動を
再評価のために戦略的に撤退させる原因となった


そしてこれにより、ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)や
ワシントン・ポストといった「プロパガンダの中心」機関を主に、
☆http://original.antiwar.com/justin/2015/12/13/
the-decline-and-fall-of-the-mainstream-media/

アメリカのメディア組織が「完全にメルトダウン」している。


同地域の紛争について米国メディアが嘘をつき続けてきたということが、
全世界の目の前に暴露された
ためである。

http://www.asyura.us/imgup/01/d2015/3461.jpg


モスクワで行われた会合にはジョン・ケリー国務長官、ロシアのラブロフ外相、
そしてプーチン大統領自身が参加していた。

ロシア政府はオバマ政権に対し、アメリカ合衆国によるシリアおよびイラクでの
「子供の遊戯」は終わりを迎えており、
アメリカとロシアの間での核戦争も現在検討中だとする内容の
即時通告を突きつけたという。

ロシア連邦は、イスラム国を支援している国家および諜報機関に関する証拠を
すべてまとめたものをケリー長官に提示した。

ヒラリー・クリントン元国務長官とアシュトン・カーター現国防長官の両者の間で
機密にやりとりされていたEメール
を、ロシア連邦保安局(KGBの後身)が入手していたが、

ロシア政府はアメリカ側にそのEメールの内容文書を引き渡したという。

そしてこのアメリカ高官両者の間の公式で機密だったものの
セキュリティ対策の施されていなかったEメールのために、

☆http://townhall.com/tipsheet/guybenson/2015/10/01/new-hillary-emails-n2059221

オバマ政権は即座に降伏し、
同地域に平和をもたらす可能性のある歴史的な動きを発表した
のだ。

ケリー国務長官は、オバマ政権はもはや、シリア国内での政権交代を要求することはないと発表。
☆http://hotair.com/archives/2015/12/15/john-kerry-oh-by-the-way-
 the-u-s-is-no-longer-asking-for-regime-change-in-syria/

わずか4週間前にはオバマ大統領は政権交代(ママ、存続?)を認めることは絶対にありえない、
と宣言してのだが。
☆http://www.wsj.com/articles/
 obama-says-syrian-leader-bashar-al-assad-must-go-1447925671

ジョセフ・バイデン米国副大統領は、トルコ政府に対し、
イラク国内で侵略行為を行っている軍隊を即座に撤退させるよう命令を行った

☆http://www.zerohedge.com/news/2015-12-16/dramatic-reversal-us-vice-president-biden-
 calls-turkey-withdraw-its-troops-turkey

これもわずか6日前までは、アメリカ国務省はその侵略を認めることすら拒否していたのであるが。
☆https://www.rt.com/usa/325550-iraq-turkey-kirby-dodgy/

米国国防総省は、米軍がトルコに配置し、ロシア航空宇宙軍にとって
脅威となっていたF-15戦闘機を即座に撤退させるよう命令を下した

☆http://www.airforcetimes.com/story/military/2015/12/16/12-
 usaf-f-15-fighters-returning-raf-lakenheath-turkey/77419528/

オバマ政権はロシアと共同して、
イスラム国への資金提供凍結を求める国連決議を提議することに同意。
☆http://www.wsj.com/articles/u-s-russia-to-offer-u-n-resolution-
 seeking-to-cut-off-islamic-state-funding-1450293245

今日アメリカが議長を務める国連安保理の会合で共同提議が行われることになる。


http://www.asyura.us/imgup/01/d2015/3462.png
「ロシアのラブロフ外相(左)、アメリカのジョン・ケリー国務長官(中央)、
プーチン大統領(右) 2015年12月16日のモスクワでの最終会合の場で」


オバマ政権のイスラム国に対するこの戦争における「方向性・運営方針」を変えさせる
のに一役買ったのは、ロシア政府が提示した証拠の中でも決定的な資料であった。

この資料には、先週、イスラム国が実行した
大規模で世界規模の攻撃について詳細
が記されていたのである。
☆https://www.rt.com/usa/326181-world-war-cyber-attacks-mcafee/

これにより13のインターネットのドメインネームシステム(DNS)が
停止されかねない状況になっていたが、もしこれが成功していた暁には、
アメリカ合衆国を完全な混乱に突入させていただろう。
サイバー・セキュリティの専門家、ジョン・マッカフィー氏は
この起きる可能性のあった混乱はあまりにも深刻なもので、
いかなる核戦争よりも破壊的」となっていただろうと警告している。

先週のイスラム国による世界のインターネットの破壊の構想に関する証拠をまとめた資料は、
プーチン大統領からケリー長官に手渡されたが、このイスラム国による攻撃は、
イギリス政府が所有していたサーバー・IPアドレスから実行されていた。

英政府は問題のIPアドレスは、サウジアラビアに売却していたと説明している
というニュースがあったが、それをさらに裏付けるものとなった。
☆http://www.infowars.com/british-point-to-saudis-as-islamic-state-posts-are-
 discovered-on-government-ip-addresses/

オバマ政権がプーチン大統領に降伏したことを知り、
サウジアラビアはアメリカの支援なしで、
イスラム国と戦うための主にイスラム系国家34カ国が集結する
サウジ自身の連合を形成することを発表した。


しかしインドネシアは、その連合が軍事同盟になることは知らず、参加は望んでいないと述べ、
パキスタンの高位の国会議員はこれについて
ロイターのレポーターからしか聞いていないと話している。

さらにトルコによれば、これは軍事同盟というよりはイデオロギー的な同盟だと説明している。

サウジの反イスラム国「同盟」の評価が真実であることを裏付けるように、
サウジの同盟の最初の「攻撃」はテロリストではなく、
アメリカの大統領候補ドナルド・トランプに対して行われ、
テロリストへの攻撃はなされていなかった。
☆http://sputniknews.com/analysis/20151217/1031902422/saudi-coalition-trump.html

ドナルド・トランプ氏については、プーチン大統領が
「トランプ氏は聡明で才能のある人物で、負債を負っていない。
彼は大統領候補者の中でも絶対的な指導者である」と賞賛していたのだが。
☆http://tass.ru/en/politics/844947

第三次世界大戦への参加を望んでいないオバマ政権にとっては幸運なことに、
ロシア空軍はこれで、アメリカの戦闘機まで心配する必要がなくなり、
シリア国内で同軍の無防備な状態にあった戦闘機を墜落させた
裏切り者のトルコ政府にだけ
専念していればよいことになった



そしてプーチン大統領は、単刀直入に、
イスラム国の支援者に対して警告を発している(2015年度ロシアの年次演説)。
☆http://sputniknews.com/politics/20151217/1031887147/putin-press-conference-s400.html

☆https://www.youtube.com/watch?time_continue=4&v=f-1KWqodxrE
プーチン露大統領、トルコは「撃墜を後悔し続ける」 
Putin says Russia 'will not forget' Turkish downing of warplane

  「彼ら(トルコ当局)は、ロシアが尻尾を巻いて逃げ出すと思っていたのです!

  いえ、ロシアはそのような国ではありません。

  私たちはシリア国内での存在を増強し、同国内に配置した戦闘機の数を増加しました。

  以前はロシアの防空システムはシリアにはありませんでしたが、
  今ではS-400が配置されています。

  以前であればトルコは常にシリアの領空を侵略していましたが、
  今のトルコに同じことができるものでしょうか」


(翻訳終了)

拍手

PR
Comment
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear